読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

驚異的な情報量が圧縮された、セリフ皆無の海外コミック『3秒』

変なマンガはたくさん読んできたが、今回は本気で驚愕させられた。マルク=アントワーヌ・マチューという人物の作品3秒だ。「セリフのまったくない海外マンガ」という単純な認識しかなかったのだが、とてもそれだけの作品ではない。ありふれたマンガではない。これはマンガの体裁による「芸術」だと言い切って良い。推薦者として現代芸術家の束芋氏の名前が帯に大きく印刷されているのは何も唐突ではないのだ。
 
圧巻なのは、オンラインでのみ読むことができる、訳者の原正人氏による解説。この解説が「ある」のと「ない」のとでは、本作の印象はまるで異なってくる。
訳者といっても、セリフがまったくない本書では、翻訳される箇所は少ない。原氏の本領はこの、「購入者特典」とされた解説に発揮されていると言えるだろう。
 
3秒
 
本作の「ストーリー」は……とあるスポーツ競技をめぐる、とある事件。という程度にしか説明できない。何しろ本作で経過する時間はたったの3秒なのだ。このたった3秒の出来事を、読者は延々とコマを辿って目撃することになる。登場人物がセリフを喋らないので、いわゆる「ストーリー」を追うのは難しい。原氏の解説は、本作に詰め込まれた情報を深く掘り返し、丹念に解きほぐしてくれる。
WEB版では動画でこの出来事を「目撃」することができるのだが、この動画を「購入者」とだけしか共有できないのは非常に残念だと思う。動画はさすがに3秒ではない。
 
本作にセリフがないのはある意味で仕方がない。たった3秒ではまともなセリフを話すことなど到底不可能だからだ。いったん解説を読んでから本作を見直すと、作中で起きる事件は極めて騒々しい。いくつもの部屋を通りぬけ、屋外に飛び出し、サッカースタジアムから上空の飛行機、果ては宇宙にまで視線の旅が展開される。繰り返すが、この驚異的な距離の移動はたった3秒のあいだに行われる。ほとんど光の速度だ。
 
なお、この「視線の旅」はすべて光の反射によって導かれている。ある人物の眼球の瞳に映ったスマートフォン。そのスマートフォンのカメラのレンズに反射している、その人物のいる部屋の鏡。その鏡に映ったトロフィーの鏡面に映った……と気が遠くなるような入れ子構造が描かれている。この視界の入れ子構造を辿るうちに、読者は宇宙にまで視線を送り、そしてそのあいだに事件のヒントや作者の遊びを作品の中から無数に見つけ出すことになる。
 
僕を驚かせた、訳者の原氏の解説はひとつの解答例なのだろう。ニキ・ド・サンファルやジェフ・クーンズら現代美術家の名前を作中に見つけ出し、彼らが鏡を使った作品を発表していたことに注意を喚起する。また、スペクタクルの社会で知られる社会批評家・運動家のギィ・ドゥボールの映画作品や、果ては『文藝別冊』のゴダール特集(ゴダール 新たなる全貌)に掲載されたアガンベンの論文における高桑和巳氏が翻訳した一文に言及するなど、原氏もかなり楽しんでいる。
 
本作にセリフがないのは、単なる作中で経過する時間による制約以外の理由もある。本作では、作中の登場人物が声で饒舌に語らない代わりに、他のすべてが読み取られることを求めて騒ぎ立てる。さきほど「事件」が騒々しいと書いたが、事件だけではなく、ひとコマひとコマに描きこまれた白と黒の図像や文字が、読者に向かって汲み尽くすことのできない情報量を発信してくる。作者は、マンガが読者に読み取らせることのできる驚異的な情報量そのものを表現したかったのだろう。
 
素材やジャンルの可能性を極限まで引き出し、受け手に衝撃を与えるものが「芸術」なのだとしたら、本作はマンガの芸術だと断言できる。
 
 
【関連ページ】

司書つかささんの書評|書評でつながる読書コミュニティ 本が好き!

当Bookニュースの母体である「本が好き!」会員の司書つかささんによる書評。
ネタバレなので要注意。
 

マルク=アントワーヌ・マチュー、奇想あふれる『レヴォリュ美術館の地下』と凝った手法の『3秒』 – BDfile

フランス語圏のマンガ事情をマニアックに紹介するサイト「ベデフィル」に掲載された、マンガ批評家の竹川環史氏による書評。
昨今の海外マンガの邦訳ラッシュについてや、本作著者のマルク=アントワーヌ・マチュー氏の作品で既に邦訳されているレヴォリュ美術館の地下にも触れられている。
「ページ数は多くない。けれども繰り返し読むことへ読者を引き込む仕掛けに満ちていて、その読みごたえは分厚い本に劣らない。」という意見には深く同意。
 
 
【関連記事】

『闇の国々』翻訳者・原正人氏にインタビューしました!

本書の「翻訳」と解説を手掛けた原正人氏は、他にも多数の訳書が刊行されており、また現在も名作の翻訳作業の真っ最中だ。その原氏が、巨匠の代表作でありながら、おそらくその内容の濃さゆえに邦訳されていなかった大作『闇の国々』に共訳で携わった。
 
 
==================================
【本が好き!編集部ナガタのプロフィール】
当「BOOKニュース」を担当している’79年生まれ男性。
アメリカ合衆国コネチカット州生まれ。
その後、札幌・千葉・マニラ・東京・京都を転々。現在は板橋区在住。
フリーター・契約社員・嘱託社員・正社員・無職・結婚・離婚など紆余曲折を経て現職。
百科事典と画集と虫と宇宙が友達です。
==================================
==================================
「BOOKニュース」では出版系のイベントからマニアックな新刊情報まで、
本に関する情報を収集して紹介しています。
ユニークな本を出される出版社様、
紹介させていただきたいのでBOOKニュース宛に新刊をぜひ送ってください!

twitterアカウント(@honzuki_news)でもときおり呟いております。
RSSフィード購読はこちら。

コメント

コメントの投稿

コメント(必須)