読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

チョコがないなら本を読めばいいじゃない!バレンタイン特集

今年もチョコがもらえないかも知れない、あげる予定がない、という読者の方に
バレンタイン特集「チョコがないなら本を読めばいいじゃない!」
ということで、バレンタインやチョコレートに関連する書籍を集めてみました。
先に断っておきますが、僕は今年もチョコが貰えると思います。
 

チョコレートからヘロインまで―ドラッグカルチャーのすべて


チョコレートはチョコレートでも、タイトルにあるのはたぶんハシシの隠語のほうのチョコレートでしょう。いちおう、コーヒーやコーラ、そしてココアとかも挙げられているので、タイトルに偽りはありません。「ドラッグカルチャーのすべて」というわけではありませんが、古典ということでオススメ。
 
 

チョコレートの歴史

チョコレートの文化誌

チョコレートの世界史―近代ヨーロッパが磨き上げた褐色の宝石

       

じっさい、チョコレートの原料となるカカオは、南米で宗教儀式で使われる神聖なものでした。それが大航海時代に異国の地で採れる妙薬としてスペインを中心に流行したわけですが、カカオが宗教儀式で使われていたのも、薬として普及したのも、その興奮剤としての性質があったからだと思われます。

 
 

チョコレートの真実

わたし8歳、カカオ畑で働きつづけて。―児童労働者とよばれる2億1800万人の子どもたち

世界に広がるフェアトレード -このチョコレートが安心な理由-

       

神秘的な力を持つ興奮剤で、世界中の舌を虜にしているチョコレート。当然、チョコレートを巡る産業は血腥いエピソードに彩られることになります。
『チョコレートの真実』『わたし8歳~』が告発した児童労働などについて知っていると、バレンタインデーを過ごす気持ちも深みが増すことうけあい。

 
 

チョコレート・バイブル―人生を変える「一枚」を求めて


「チョコレート鑑定」という耳慣れない職業の第一人者がチョコレートのテイスティングの仕方を解説。著者のルーセル氏はバレンタインデーに開催される日本のサロン・デュ・ショコラなどで講演を行ったりするので、チョコ好きなら名前を知っているかも知れません。
上述のチョコレートを巡る人権問題の対策として模索されているフェアトレードに取り組んでいるボリビアの生産者の組合「エルセイボ」とコラボレーションするなど、誠実に活躍されています。
 
 

贈答の日本文化


日本古来の贈答文化から、太平洋の小国メラネシアの無償の贈与文化を人類学的見地で紹介し、宗教論や国際的な開発援助について、そしてバレンタインデー・ホワイトデーにまで言及する一冊。
日本の文化では、「贈り物」に対して「お返し」がセットになることがかなり特徴的なようです。美味しいチョコレートという文化と、大量のチョコレートそのものを外国からいただいているわけですから、どう「お返し」をするのか、日本人ならば考えて当然なのかも知れません。

 
 
【関連ページ】

404 Blog Not Found:真実の苦さ – 書評 – チョコレートの真実

小飼弾氏のブログでの書評。詳細な目次も読めます。
「本書は苦い。が、ただ苦いのではなく、カカオバターのように芳醇で、チョコレートのように複雑な味がする。」
 

2008サロン・デュ・ショコラ東京 セミナー&デモンストレーション
 ショコラ鑑定家 クロエ・ドゥ-トレ・ルーセル氏

チョコレート鑑定家のルーセル氏が2008年に行ったセミナーの記録です。
 

江戸時代の儀礼と贈答について | OKWave

素晴らしくマニアックなやりとり。
羊羹で有名な「とらや」には資料を管理する虎屋文庫という部門があって、そこから出て

いる「和菓子」という機関誌に「贈答文化」という特集があったようです。
 
 
==================================
【本が好き!編集部ナガタのプロフィール】
当「BOOKニュース」を担当している’79年生まれ男性。
アメリカ合衆国コネチカット州生まれ。
その後、札幌・千葉・マニラ・東京・京都を転々。現在は板橋区在住。
フリーター・契約社員・嘱託社員・正社員・無職・結婚・離婚など紆余曲折を経て現職。
百科事典と画集と虫と宇宙が友達です。
==================================
==================================
「BOOKニュース」では出版系のイベントからマニアックな新刊情報まで、
本に関する情報を収集して紹介しています。
ユニークな本を出される出版社様、
紹介させていただきたいのでBOOKニュース宛に新刊をぜひ送ってください!

twitterアカウント(@honzuki_news)でもときおり呟いております。
RSSフィード購読はこちら。

コメント

  1. このニュースを参考に『チョコレートの真実』を読んでみました。勝手ながらレビューの前段にナガタさんネタをちょこっとふらせていただきました。事後報告ですみませんが,お許しください。

  2. >かもめ通信さん
    http://www.honzuki.jp/book/status/no63691/index.html
    こちらですね!
    こういったかたちで触れていただけると記事を書いてほんとうによかったと思います。
    ありがとうございました!

コメントの投稿

コメント(必須)