読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

大晦日に読みたいコミック 5冊!

年越しまであと少し。そろそろ年末年始の特番にも飽き、積ん読の山も残り少し(え?そんなことない?)という状況でしょうか。そんなあなたに当Bookニュースからオススメのコミック5冊をご案内します。年越しのお供にどうぞ。
 
シビル・ウォー

 
アメコミ界最大手のひとつであるマーヴェル社のほぼすべてのヒーローが登場し、互いに戦うという驚異的な作品。この作品を契機に、アメコミを代表し、また「アメリカ」を象徴するキャラクターだったキャプテン・アメリカが死へと向かっていきます。海外マンガは近年ますます盛り上がってきています。BDではエンキ・ビラルの代表作『MONSTER』の完全版がついに刊行され、メビウスと並ぶ巨匠と言われるペータース×スクイテンによる『闇の国々』の邦訳も刊行されました。またアメリカン・オルタナティブ・コミックでは、長年絶版状態だった映画『ゴーストワールド』の原作が映画公開10周年を記念して待望の増刷され、また来年から日本でもFOX bs238で日本でもドラマ版を観られるようになる『ウォーキング・デッド』の原作の翻訳が刊行開始されました。
マンガの「世界」の広がりにこれを機会に飛び込んでみてはいかがでしょうか。
 

     

 

     

 

こうやって挙げてみると、「ウォー」とか「モンスター」とか「闇」とか「ゴースト」とか「デッド」とか、あんまり縁起の良くないものばかりになってしまった気がしますが、そういうもののほうが雰囲気的になんとなく年の瀬に合うような気はしませんか。前にも書きましたが、僕はゾンビ映画三昧にする予定です。ウォーキングデッドの放映開始も楽しみです。
 
 
==================================
【本が好き!編集部ナガタのプロフィール】
当「BOOKニュース」を担当している’79年生まれ男性。
アメリカ合衆国コネチカット州生まれ。
その後、札幌・千葉・マニラ・東京・京都を転々。現在は板橋区在住。
フリーター・契約社員・嘱託社員・正社員・無職・結婚・離婚など紆余曲折を経て現職。
百科事典と画集と虫と宇宙が友達です。
==================================
==================================
「BOOKニュース」では出版系のイベントからマニアックな新刊情報まで、
本に関する情報を収集して紹介しています。
ユニークな本を出される出版社様、
紹介させていただきたいのでBOOKニュース宛に新刊をぜひ送ってください!

twitterアカウント(@honzuki_news)でもときおり呟いております。
RSSフィード購読はこちら。

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

コメント(必須)