読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

本年もよろしくお願いします!2011年度人気記事ランキング

歳が明けてしまいましたが、当Bookニュースも一年を振り返ってみたいと思い、まとめてみました。
というわけで「2011年度 Bookニュース記事大賞」を発表します!
 
第1位!国書刊行会「未来の文学」・樽本周馬氏にインタビューしてきました!
第2位!涼宮ハルヒのユリイカに驚愕!
第3位!スティーブ・ジョブズを本気で語るために読んでおきたい8冊
 
例によってアクセス数と僕の独断と偏見によるセレクションです。
こうやって振り返ってみると、1位の樽本氏インタビューは別として、「涼宮ハルヒシリーズの最新刊がとうとう発売」とか「ジョブズ死去」といったビッグニュースに関連したニュースが人気がありました。
 
 
国書刊行会「未来の文学」・樽本周馬氏にインタビューしてきました!
 
堂々の第1位は、読書家に人気のシリーズ「未来の文学」担当編集者の樽本周馬氏へのインタビュー記事。公開後あっという間にtwitterなどで注目を集め、アクセス数がウナギ登りになりました。
ネットワーカーのばるぼらさんが「本が好き!」でレビューしている好著Get back, SUB!アート・スピリットも、樽本氏が編集を手がけたもの。今後のご活躍も要注目です。
好評につき第二弾も検討中ですので、お楽しみに!
 
 
第2位の涼宮ハルヒのユリイカに驚愕!は、「詩と批評 ユリイカ」誌が大々的にライトノベル「涼宮ハルヒ」シリーズ最新刊の『涼宮ハルヒの驚愕』を取り上げていたので、僕も驚いて本気で紹介した記事。
涼宮ハルヒのユリイカ! 書影
 
文芸批評家の坂上秋成氏の「涼宮ハルヒの失恋」と題された論考では、キョンとハルヒとの恋愛が成立しないと主張されていました。坂上秋成氏は、その後AKB48の経済学田中秀臣氏と対談するなど多方面で活躍中です。
 
 
第3位スティーブ・ジョブズを本気で語るために読んでおきたい8冊は、スティーブ・ジョブズ氏への追悼記事。
Jobs photo
 
銅像アクションフィギュアが作られいまだに話題になっているジョブズ氏。彼のもたらした巨大な影響力は容易に理解できるものではありません。しかし、この記事に挙がっている8冊を読めば、基礎的なところは網羅できると言って良いでしょう。オススメです。
 
 
 
==================================
【本が好き!編集部ナガタのプロフィール】
当「BOOKニュース」を担当している’79年生まれ男性。
アメリカ合衆国コネチカット州生まれ。
その後、札幌・千葉・マニラ・東京・京都を転々。現在は板橋区在住。
フリーター・契約社員・嘱託社員・正社員・無職・結婚・離婚など紆余曲折を経て現職。
百科事典と画集と虫と宇宙が友達です。
==================================
==================================
「BOOKニュース」では出版系のイベントからマニアックな新刊情報まで、
本に関する情報を収集して紹介しています。
ユニークな本を出される出版社様、
紹介させていただきたいのでBOOKニュース宛に新刊をぜひ送ってください!

twitterアカウント(@honzuki_news)でもときおり呟いております。
RSSフィード購読はこちら。

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

コメント(必須)