読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

明朝活字を日本に持ち込んだのはアメリカ人?『明朝活字の美しさ』

「Movable Type」がブログエンジンであるよりも前に、まず活字印刷を指していることを知らない人は多い。そもそも、「活字」が何なのかを知らない人が大半だろう。かく言う僕も活字印刷を実際に見たことはない。
 
活字とは、「木や金属に字形を刻みインクで繰り返し印刷することを可能にしたもの」を指す。
これが転じて、広く「文字を同一の字形で繰り返し表現する」ものを指すようにもなった。
 
創元社が11月に出版した明朝活字の美しさ: 日本語をあらわす文字言語の歴史は、この活字の中でもとりわけ広く用いられている「明朝体」の活字の歴史を追った1冊。
 
明朝活字の美しさ 書影
 
あまりに一般的に用いられているために、あたかも大昔から日常的に使われてきたと思われがちな「明朝活字」。しかし実際のところ、明朝体の活字が日本で使われたのは明治期で、それもアメリカの宣教師が上海から持ち込んだものに倣ったことが最初だと言われている。
 
本書は、著者の元『印刷界』編集長の矢作勝美氏の研究の集大成といえるもの。
前著『明朝活字』刊行後に判明した事実などの多くの資料を駆使し、現代の電子機器における文字を含めた日本の活字文化の全貌を視野に入れて書き直したという。
日本の活版印刷の勃興から、戦争と印刷出版界の関係、デジタル化を含む文字組版の戦後の状況を紹介する。
 
目次
==================================================

一 はじめに
 
二 日本の活版印刷はどのようにして興ったのか
1 近代活版印刷とは何か
2 本木昌造鋳造活字と出逢う
3 本木昌造による活版技術の導入
4 ガンブルが長崎に伝えた活版技術
5 新街活版所の創業から築地活版所へ
6 官営印刷出版の系譜
  1.蕃書調所から印書局の創設/2.印書局の活字販売攻勢
7 一つの画期を迎えた活字の製造販売
8 秀英舎の創業
 
三 活版印刷の普及を支えた社会的背景
1 木版から活版になった新聞の諸様相
2 活版になった新聞の明朝体
3 「県御用」新聞の発行と活版の普及
4 明治初年の出版事情と翻訳出版
  1.明治初年の翻訳出版とその役割/2.東京大学の英文翻刻出版/
  3.東京師範学校の創立と教育書の翻訳/4.法律書翻訳における時代の要請
  5.「万国史」への渇望
5 教育制度の確立と教科書出版
  1.文部省による教科書の自主選択自由使用のすすめ/
  2.印刷出版活動にあたえた学校教育の影響/
  3.検定制から教育の中央集権化へ
6 木版を陵駕した活版の指標
7 佐久間貞一『印刷雑誌』を創刊
 
四 活字とは何か
1 和文活字の種類
2 活字書体の種類と特徴
3 活字の字体と書体について
4 書体形成と漢字
5 種字彫刻による書体形成
6 ベントン型彫刻機による母型製作
7 活字の鋳造と組版
 
五 明朝活字の改刻による発展への苦心
1 明朝活字の源流 上海・美華書館
2 美華書館の明朝活字
3 活字の倍率関係による多彩な表現
4 揺籃期における明朝体の諸様相
  1.本木系初期の明朝体/2.官営印刷の初期明朝体/
  3.官営印刷の分合活字/4.『改正西国立志編』における活字表現の苦心
5 美華書館の力を借りて進められた築地活版所の第一次改刻
6 印刷局の第一次改刻と『官報』体制の発足
7 築地活版所の第二次改刻を推し進めた人たちとその成果
8 印刷にあらわれた明治初期の言論規制
 
六 明朝体の二大潮流とその魅力
1 築地体
  1.築地体の第三次改刻とその成果/
  2.第五次改刻によって築地体完成
2 第三次改刻を経て秀英体完成
3 築地、秀英体にみるその特徴
4 明朝体の生命力とその魅力
5 明朝体に抗しきれなかった清朝体
 
七 日本近代文学と明朝体のタイポグラフィ
1 近代文学の成立とその影響
2 文学の改革と句読法
3 括弧類の役割とその組版
4 近代文学にみるタイポグラフィの発達
 
八 和文活字の可読性とその研究成果
1 日本人の美意識が反映した活字書体
2 可読性研究の系譜
3 近視予防で始まった教科書の可読性
 
九 築地、秀英体以降の展開
1 新聞が先導したポイント活字
2 築地、秀英体以降の明朝体
  1.大阪活版製造所/2.博文館印刷所から共同印刷へ
3 大正から昭和への移り変り
  1.大正期の築地、秀英体/2.今井直一と三省堂の書体改革/
  3.凸版印刷、文字印刷へ始動/4.精興社タイプ
4 昭和十年代の細型明朝と築地活版所の解散
 
十 昭和の戦争がもたらした印刷出版界の惨状
1 国家統制下の出版文協と日本出版会
2 印刷文協設立経過に疑念と不安の応酬
3 活字の規格統一と変体活字廃止問題の顛末
4 同業組合機関誌『時報』にあらわれた戦争への道
5 指導層と対照的な同業組合員の声
 
十一 戦争から解放された明朝活字
1 自由な言論表現活動の出発
2 明朝体の整備を促した国語改革
3 戦後活版の全盛を準備したもの
4 ベントン母型による文字印刷の活気
5 活版全盛を廃絶へ導いた構造改善事業
 
十二 文字組版のデジタル化と明朝活字
1 文字印刷のデジタル化と活版の終り
2 一九八七年デジタル文字組版の現状
3 コンピュータ組版による年度版出版の現在
  1.岩波書店『広辞苑』/2.有斐閣『六法全書』/
  3.出版ニュース社『出版年鑑』
4 電算写植からDTPの時代へ
5 パナソニック、シャープ新書体の開発
6 デジタル書体改革のために
 
十三 日本語をあらわす文字言語
 
資 料 1 漢字出現頻度調査と表外漢字
     2 明朝活字書体一覧
年 表
索 引
あとがき
 
==================================================
 
【関連ページ】
タイポグラフィの世界
大日本スクリーン製造による企画。
書体史研究の第一人者で『本と活字の歴史事典』『明朝体活字字形一覧』の著者・小宮山博史氏、晶文社の装丁を多く手掛けたことで知られるデザイナーで『文字の力』著者の平野甲賀氏、デザイナーで日本近代デザイン史研究者で『紙上のモダニズム』の著者・川畑直道氏、印刷からWebまで幅広く活躍するデザイナーの海津ヨシノリ氏、築地電子活版代表で『組版原論 タイポグラフィと活字・写植・DTP』ほか多数の組版関係の著書がある府川充男氏という、錚々たるメンバーによる論考を読める。
 
矢作勝美さんの新著「明朝活字の美しさー日本語をあらわす文字言語の歴史」が11月に創元社から刊行予定とのチラシが。… on Twitpic
 
・本が好き! 矢作勝美明朝活字
・本が好き! 矢作勝美有斐閣百年史
 
【関連記事】
情報時代の到来―「理性と革命の時代」における知識のテクノロジー法政大学出版局 – 本が好き! Book ニュース
アジア系アメリカ文学を学ぶ人のために世界思想社 – 本が好き! Book ニュース
手織り大全誠文堂新光社 – 本が好き! Book ニュース
言説、形象(ディスクール、フィギュール)法政大学出版局 – 本が好き! Book ニュース
鳩山郁子画集 リテレール – 本が好き! Book ニュース
デザイン史に残る超豪華本の数々。ブックデザインの巨匠、杉浦康平展 – 本が好き! Book ニュース

 
==================================
【本が好き!編集部ナガタのプロフィール】
当「BOOKニュース」を担当している’79年生まれ男性。
アメリカ合衆国コネチカット州生まれ。
その後、札幌・千葉・マニラ・東京・京都を転々。現在は板橋区在住。
フリーター・契約社員・嘱託社員・正社員・無職・結婚・離婚など紆余曲折を経て現職。
百科事典と画集と虫と宇宙が友達です。
==================================
==================================
「BOOKニュース」では出版系のイベントからマニアックな新刊情報まで、
本に関する情報を収集して紹介しています。
ユニークな本を出される出版社様、
紹介させていただきたいのでBOOKニュース宛に新刊をぜひ送ってください!

twitterアカウント(@honzuki_news)でもときおり呟いております。

コメント

  1. twitterやfacebookでコメントを投稿できる機能を追加しました(テスト投稿)

  2. twitterやfacebookにコメントを投稿できる機能を追加しました。

コメントの投稿

コメント(必須)