読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

新刊情報:勁草書房『メコン広域経済圏 インフラ整備で一体開発へ』

勁草書房(http://www.keisoshobo.co.jp/)は、新刊『メコン広域経済圏 インフラ整備で一体開発へ』を4月に発売する。

タイ、ベトナム、カンボジア、ラオス、ミャンマー、中国雲南省、広西チワン族自治区にわたるメコン川流域諸国・地域は、
政治的に不安定だといわれてきた。
しかし、近年は安定し始め、日本企業・進出日系企業にとっても大きなビジネスの機会となる見込みだ。

本書は、「閉ざされた内向的な地域から開放的で外向的な地域へと変貌を遂げるメコン広域経済圏の実態を
豊富な現地情報をもとに分析・提供(出版社サイトより)」する1冊となるという。

『メコン広域経済圏 インフラ整備で一体開発へ』書影

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

コメント(必須)