読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

女性や奉公人の食糧として差別されていた?:『雑穀の社会史』

歴史ものの小説やマンガを読むと、稗(ヒエ)や粟(アワ)といった雑穀が主食の一部として登場します。
そこでは、白米と雑穀を比べると断然白米のほうがありがたかったという表現がされていることが多く、目新しさから白米よりも雑穀のほうがなんとなくありがたいように感じている僕としては、いつもそこらへんが不思議でした。
 
「日本人の生活や信仰は、稲だけでなく稗(ひえ)・粟(あわ)などの雑穀を含めた多様な価値意識のもとに発展してきた」と語る本書雑穀の社会史では、雑穀が女性や奉公人の食糧として差別される一方で、聖なるものとして神への供物ともなっていた事例を広い地域にわたって考察、また『古事記』などの神話を中心に雑穀がどのように扱われたかを提示し、さまざまな視点から雑穀文化を位置づけ、その意味を問うもの。
 
雑穀の社会史 書影
 
ちなみに僕はむかし飼っていたインコのエサが雑穀でした。
インコがあんまり美味しそうに食べるので、好奇心に負けて何粒か稗や粟や黍や麻の実を摘んでみたことがあります。
毎日お椀に山盛り食べるとなるとしんどいのかも知れませんが、生で食べてもそこそこ美味しかったので、もっと世の中の食卓に普及してくれたらいいのになあと思っています。
 
目次
==================================================

はじめに
差別の食
 問題の所在
 差別の食=雑穀
  オトコメシ・オンナメシ
  嫁の早食いと家族の序列
  「粟飯は奉公人の飯」
  ボサツサマとコモノ
  「アワか、アワか」とカラス鳴く
 米の価値=米社会
  「食い分け」をする農家
  穀倉地帯の主食
  畑作地帯の主食
  コメカバイ
  「米を食う」日
  優れたる雑穀
  切り捨てられた雑穀
 以下細目略
 結語
 
聖なる雑穀
 問題の所在
 雑穀の神饌
 正月を祝う雑穀
 年中行事と雑穀
 結語
 
五穀の思想
 問題の所在
 雑穀の社会史
 五穀の思想
 結語
 雑穀から五穀世界へ
 
あとがき
 
「おいしい雑穀」として…増田昭子
このページのトップへ
==================================================
 
【関連リンク】
・本が好き! 雑穀を旅する―スローフードの原点
「健康食として親しまれる雑穀は、どのように栽培され、食され、大切にされてきたのか。青森から沖縄まで全国各地を訪ね歩き、日本人の豊かな食文化を育んだ雑穀の魅力を探る。」
 
ラーメンと愛国講談社 – 本が好き! Book ニュース
ニューヨーク 変わりゆく街の食文化明石書店 – 本が好き! Book ニュース
日本の食文化史年表吉川弘文館 – 本が好き! Book ニュース
ヌードルの文化史柏書房 – 本が好き! Book ニュース
乾物の事典東京堂出版 – 本が好き! Book ニュース
乾物と保存食材事典誠文堂新光社 – 本が好き! Book ニュース
古事記以前大修館書店 – 本が好き! Book ニュース
 
 
 
============================================================================
【本が好き!編集部ナガタのプロフィール】
当「BOOKニュース」を担当している’79年生まれ男性。
アメリカ合衆国コネチカット州生まれ。
その後、札幌・千葉・マニラ・東京・京都を転々。現在は板橋区在住。
フリーター・契約社員・嘱託社員・正社員・無職・結婚・離婚など紆余曲折を経て現職。
百科事典と画集と虫と宇宙が友達です。
============================================================================
「BOOKニュース」では出版系のイベントからマニアックな新刊情報まで、本に関する情報を収集して紹介しています。
ユニークな本を出される出版社様、紹介させていただきたいので是非BOOKニュース宛に新刊を送ってください!
RSSフィード購読はこちら。
twitterアカウント(@honzuki_news)でもときおり呟いております。

コメント

コメントの投稿

コメント(必須)