読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

38種類の言語をまとめて聞けるサイト

北欧の言語は聞いてみるとだいたい似ている。ただしフィンランドの言葉はちょっと違う。フィンランドの言葉はハンガリー語に似ている。というようなことを言われたとして、自分の耳で確かめたいと思いませんか。
 
10月にオープンした語学系音声ファイルを無料でダウンロードできるサイト世界のことばライブラリーでは先日、登録された書籍が70冊を超え、ダウンロードできる言語も、国内では貴重なラテン語の音声を含む38種類に到達しました。
 

 
50ヶ国語以上の辞書・語学書を出版している国際語学社では、CDよりも横幅の狭いハンディタイプの語学書の音声サンプルをwebに掲載し、CDを付録にしないことで書籍の単価を下げることにも成功しました。世界のことばライブラリーでは、毎月末に新しい書籍・新しい音声ファイルを追加するということなので、語学好きは毎月末に新しいファイルをダウンロードして聴いてみましょう。
 
なお、現在のラインナップは以下の通り。ラテン語は「その他」に含まれています。

 
【関連リンク】
@nifty:デイリーポータルZ:世界の料理が格安で食べられるレストラン
Facebookで見かけたので。関連ですよね…。
 
見えない流れ彩流社 – 本が好き! Book ニュース
「ジャスミン革命」で世界的に知られることになった北アフリカのチュニジア。
首都チュニスの80年代から90年代はじめ頃を舞台として、普通の兄妹の日常と恋を中心に、暖かい人間観察と哲学的な議論を交えながら描いた作品。
チュニジアは近隣のアルジェリアやリビアとともに都市国家カルタゴの領土であり、のちに古代ローマ帝国に属領として組み込まれ「アフリカ」と最初に呼ばれた地域の中心地でした。
「せかいのことばライブラリー」のラインナップにもチュニジア語があります。
 
台湾に渡った日本語の現在: -リンガフランカとしての姿-明治書院 – 本が好き! Book ニュース
植民地時代に日本語を習得した人々が、戦後も日本語を独自に使い続けて変容させてきた。その実情をまとめた1冊。

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

コメント(必須)