読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

シンポジウム「“展覧会カタログ”を斬る」開催(国立新美術館)

いわゆる書籍ではないものの、「本」という形で本好きの心を掴んで話さない「展覧会カタログ」。
展覧会カタログは、単なる画集ではなく展覧会へ足を運んだ思い出も想起させる不思議な存在です。
多様化する美術と、美術をめぐる言説の、時代ごとの切り口が見出せる展覧会カタログは、収録されている美術作品に負けない装丁や造本がされていることも珍しくありません。
 
美術に関する情報や資料の収集・調査研究・公開・提供を事業の柱のひとつとして掲げている国立新美術館は、昨年度から美術資料に関するシンポジウムを開催しています。
昨年度は美術雑誌をテーマとした連続講演会を行い、今年度は新美術館所蔵の約8万冊にのぼる展覧会カタログに焦点をあて「“展覧会カタログ”を斬る」と題したシンポジウムを行う、とのこと。
 
展覧会カタログの愉しみ / 今橋映子
今橋映子『展覧会カタログの愉しみ
 
美術家書誌の書誌 雪舟から束芋、ヴァン・エイクからイ・ブルまで / 中島理壽
中島理壽美術家書誌の書誌 雪舟から束芋、ヴァン・エイクからイ・ブルまで
 
ゴダール マネ フーコー―思考と感性とをめぐる断片的な考察 / 蓮實重彦
蓮實重彦ゴダール マネ フーコー―思考と感性とをめぐる断片的な考察
※造本装幀:近藤一弥
 

登壇者たちが、作り手・使い手などそれぞれの立場から「展覧会カタログ」を語り、今後の展覧会カタログのあり方を考えるという趣旨です。
======================================================
 
■日 時 : 2011(平成23)年12月4日(日) 13:00から17:00まで
■会 場 : 国立新美術館 3F講堂
■定 員 : 260名(先着順、事前申込不要)  聴講無料
■プログラム
12:30  開場
13:00  開催趣旨説明
13:10  講演1「大学(院)の美術研究と展覧会カタログ」
今橋映子氏(東京大学大学院教授)
13:45  講演2「美術展調査から見た展覧会カタログ
―『日本の美術展覧会開催実績』を編んで」 中島理壽氏(美術ドキュメンタリスト)
14:15  休憩
14:30  講演3「展覧会の記憶をかたちにする」
近藤一弥氏 (グラフィック・デザイナー、東北芸術工科大学教授)
15:05  講演4「展覧会企画と展覧会カタログ」
平井章一(国立新美術館情報資料室長・主任研究員)
15:35  休憩
15:40  討議「展覧会カタログのこれから」
今橋映子氏+中島理壽氏+近藤一弥氏 司会・平井章一
17:00  終了(予定)
======================================================
詳細はALCからのお知らせ をご覧ください。
 
【関連リンク】
美術館という幻想 儀礼と権力水声社 – 本が好き! Book ニュース
アーティスト症候群?アートと職人、クリエイターと芸能人(河出文庫) – 本が好き! Book ニュース
表象 05 特集:ネゴシエーションとしてのアート』月曜社 – 本が好き! Book ニュース
岡倉天心と大川周明山川出版社 – 本が好き! Book ニュース
アビ・ヴァールブルク 記憶の迷宮 [新装版]』青土社 – 本が好き! Book ニュース
 
 
============================================================================
【本が好き!編集部ナガタのプロフィール】
当「BOOKニュース」を担当している’79年生まれ男性。
アメリカ合衆国コネチカット州生まれ。
その後、札幌・千葉・マニラ・東京・京都を転々。現在は板橋区在住。
フリーター・契約社員・嘱託社員・正社員・無職・結婚・離婚など紆余曲折を経て現職。
百科事典と画集と虫と宇宙が友達です。
============================================================================
「BOOKニュース」では出版系のイベントからマニアックな新刊情報まで、本に関する情報を収集して紹介しています。
ユニークな本を出される出版社様、紹介させていただきたいので是非BOOKニュース宛に新刊を送ってください!
twitterアカウント(@honzuki_news)でもときおり呟いております。

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

コメント(必須)