読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

巨匠の代表作、遂に完全版刊行 【新刊】『MONSTER』飛鳥新社

海外マンガの刊行に力を入れている飛鳥新社から、またヤバいタイトルのリリース情報がはいりました。本当はもっと前から知ってたのですが、書影がネットに挙がるのを待っていたんです。
なんとエンキ・ビラルのMONSTER モンスター[完全版]が11月下旬に刊行予定とのこと。
 
MONSTER モンスター[完全版]  書影
 
複雑な政治的背景の生い立ちを持つエンキ・ビラルは、映画『バンカーパレス・ホテル』の監督としても知られる才人。フランス語圏のマンガ「バンド・デシネ」の愛好家なら知らない人はいないビッグネームであるエンキ・ビラル氏のライフワークとも言える作品が本作。大友克洋AKIRAなどに代表される退廃的な未来イメージのオリジネイターの真髄を目の当たりにできる機会がとうとう訪れるわけです。刊行が待ち遠しい。
エヴァンゲリオンのキャラクターデザインを手掛けた貞本義行氏や、『メタルギアソリッド』シリーズのアートディレクター新川洋司氏が絶大な影響を公言していることから伝説化されつつあるエンキ・ビラルですが、21世紀の現実と、彼が描き続けてきた未来像とのギャップや予言的な描写の的中率を吟味してみるのも一興だと思います。
 
【関連リンク】
・本が好き 不死者のカーニバル (ニコポル三部作 (1))
・本が好き 罠の女 (ニコポル三部作 (2))
・本が好き 冷たい赤道 (ニコポル三部作 (3))
エンキ・ビラルのもうひとつの代表作「ニコポル」シリーズ。
 
・本が好き ユーロマンガ vol.2
飛鳥新社が発行している、ヨーロッパのマンガシーンを紹介するシリーズ。
もっと多くの人に届いて欲しい試みです。
vol.2ではメビウスとエンキ・ビラルの二大巨匠の紹介記事もあり。
 
貞本義行 & エンキ・ビラル対談: 序破急
お二人の対談。
 
ニコポル三部作の①『不死者のカーニバル』 – 雨の中の涙のように・・・
上記の「ニコポル三部作」の第一作についてのレビュー。
 
チェスボクシング – Wikipedia
エンキ・ビラルが考案し、オランダのアーティストが実現した、きわめてシンプルかつ馬鹿なルール。
「将棋ボクシング」なるものがのちに考案されて、将棋八段の棋士とボクシング元世界チャンピオンが戦い、棋士の方がKO負けした経緯があることを知りました。
(ことの発端は、棋士のほうがエッセイでチェスボクシングに言及したことにあるらしい)
ペンは剣より強いかも知れませんが、棋士はボクサーよりも弱いようです。
 
この海外マンガがすごい2011 投票会場 – Togetter
2010年11月から2011年10月までに出版された海外マンガ邦訳から読者が選ぶ企画。
現在twitterのハッシュタグ「#この海外マンガがすごい」で投票募集中。
開催期間は2011年11月15日~11月30日。
 
 
 
 
============================================================================
【本が好き!編集部ナガタのプロフィール】
当「BOOKニュース」を担当している’79年生まれ男性。
アメリカ合衆国コネチカット州生まれ。
その後、札幌・千葉・マニラ・東京・京都を転々。現在は板橋区在住。
フリーター・契約社員・嘱託社員・正社員・無職・結婚・離婚など紆余曲折を経て現職。
百科事典と画集と虫と宇宙が友達です。
============================================================================
「BOOKニュース」では出版系のイベントからマニアックな新刊情報まで、本に関する情報を収集して紹介しています。
ユニークな本を出される出版社様、紹介させていただきたいので是非BOOKニュース宛に新刊を送ってください!
RSSフィード購読はこちら。
twitterアカウント(@honzuki_news)でもときおり呟いております。

コメント

コメントの投稿

コメント(必須)