読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

愛でよ、煩悶するほど美しい少年たちを『鳩山郁子画集 リテレール』

「美少年が好きです」と告白することにはたぶん何の衝撃もありません。それが「美」少年ならば、その告白の前から既に、人々は彼を愛することが決まっているからです。人々に愛されることが決定していること、それが美しさなのです。もし人が「美少年が好きです」というときに、その発言が問題になるとしたら、それが果たして美しいのかどうか、ということが問題にされるべきです。
 
さて、僕が大学生のときにとある聡明な腐女子(少年同士の同性愛を愛好する趣味のある女子)に教わった鳩山郁子という名前と、その名前を口にするときの彼女の仄かに恍惚とした表情の美しさは、その後の僕の「美」の観念に少なからぬ衝撃を与えました。
 
鳩山郁子画集 リテレール 書影
 
12月に発売された鳩山郁子初の画集リテレールは、「書物と少年」を描いたイラストシリーズ(「季刊エス」に連載中)を中心に、雑誌「ユリイカ」で発表された稲垣足穂『カールと白い電燈』を漫画化した短編のほか、描き下ろしの新作イラストを収録した豪華本。
 
鳩山郁子の描く、底抜けに明るくまるで重力から解き放たれたように自由な少年たちの姿を見て、思わず美しいと感じてしまうことは避けがたい。たとえば今回の刊行に際して特設された公式サイトで公開されている画像を見て、胸が躍るような気持ちになってしまったとして、その感情とどう向き合うのか。みずからの美しさについ不安定になってしまう、その描かれた少年たち自身のように、私たちも身の置き場を失ったようなそわそわとした感覚に襲われるのではないでしょうか。
 
無類の書物好きとしても知られ、書籍を手作りしてしまう鳩山郁子が、自身の初の画集ということで本書の造本に徹底的なこだわりを発揮しているであろうことは想像に難くありません。単に耽美と言ってしまうにはあまりにも繊細なこの書物とその内容を、読者はどのように受け止めるべきなのか、どうしても思い悩んでしまうのでした。その煩悶もまた、美しいものを前にして堪能すべき快楽なのかも知れません。
 
【関連記事】
IDEA No.348 : 漫画・アニメ・ライトノベルのデザイン EXTRA – 本が好き! Book ニュース
トーキングヘッズ叢書No.47 「人間モドキ~半分人間の解剖学」 – 本が好き! Book ニュース
ひとはなぜ乳房を求めるのか 危機の時代のジェンダー表象青弓社 – 本が好き! Book ニュース
天使と悪魔 美術で読むキリスト教の深層青土社 – 本が好き! Book ニュース
フランス革命の身体表象―ジェンダーからみた200年の遺産 – 本が好き! Book ニュース
崇高とは何か 〈新装版〉法政大学出版局 – 本が好き! Book ニュース
言説、形象(ディスクール、フィギュール)法政大学出版局 – 本が好き! Book ニュース
ドリフターズ2少年画報社 – 本が好き! Book ニュース
塚原史『20世紀思想を読み解く: 人間はなぜ非人間的になれるのか – 本が好き! Book ニュース
 
【関連リンク】
竹の階段 : 鳩山郁子
おそらくファンのかたによる、詳細なデータ集。
限定BOX欲しかった……。
 
鳩の備忘録 La note de la colombe
著者自身のブログ。写真がとても美しいです。
 
特集:祝!スパークス来日特別企画
 漫画家・鳩山郁子の突撃インタビュー&描き下ろしイラスト・レポート★
– CDJournal.com CDJ PUSH

どこか奇矯なバランスでポップスを展開するユニット「スパークス」の来日に際して、鳩山氏がインタビュー&イラストレポートを担当したページ。
これはこれで衝撃的です。
 
 
 
==================================
【本が好き!編集部ナガタのプロフィール】
当「BOOKニュース」を担当している’79年生まれ男性。
アメリカ合衆国コネチカット州生まれ。
その後、札幌・千葉・マニラ・東京・京都を転々。現在は板橋区在住。
フリーター・契約社員・嘱託社員・正社員・無職・結婚・離婚など紆余曲折を経て現職。
百科事典と画集と虫と宇宙が友達です。
==================================
「BOOKニュース」では出版系のイベントからマニアックな新刊情報まで、
本に関する情報を収集して紹介しています。
ユニークな本を出される出版社様・著者様、
BOOKニュース宛にぜひ新刊を送ってください!
RSSフィード購読はこちら。
twitterアカウント(@honzuki_news)でもときおり呟いております。

コメント

コメントの投稿

コメント(必須)