読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

【新刊】『江戸時代 来日外国人人名辞典』東京堂出版

東京堂出版(http://www.tokyodoshuppan.com/)は、9月に江戸時代 来日外国人人名辞典を出版した。
 
鉄炮伝来から幕末まで、鎖国といわれる江戸時代にも多くの外国人が来日していた。
本書は、約400年の間に来日した東洋人・西洋人を併せた来日外国人500人以上を掲載した辞典。
各項目ごとに要説をつけ、その時代背景も併せて紹介している。
 
江戸時代 来日外国人人名辞典 書影
 
目次
==================================================

Ⅰ「鎖国」以前の来日外国人 
 1、東洋人
 2、西洋人
 
Ⅱ「鎖国」以後の来日外国人 
  1、朝鮮王国
  2、琉球王国
  3、中国4、オランダ
  5、その他
 
Ⅲ幕末「開国」期の来日外国人 
1、開国要求使節団
2、外交官
3、商人
4、宗教家・学者
5、軍人・技術者
6、その他 
 
索引
==================================================
 
【関連リンク】
・『旅と大英帝国の文化―越境する文学ミネルヴァ書房 – 本が好き! Book ニュース
『帝国以後』『文明の接近』の著者エマニュエル・トッド氏の再来日が決定 – 本が好き! Book ニュース
 
・『江戸時代の古文書を読む 徳川の明治維新東京堂出版 – 本が好き! Book ニュース
・『歴史人口学で読む江戸日本吉川弘文館 – 本が好き! Book ニュース
・『江戸時代の天皇講談社 – 本が好き! Book ニュース
・『武家に嫁いだ女性の手紙: 貧乏旗本の江戸暮らし吉川弘文館 – 本が好き! Book ニュース
 
・『地名の謎(ちくま文庫) – 本が好き! Book ニュース
・『天皇の韓国併合 王公族の創設と帝国の葛藤 (サピエンティア)法政大学出版局 – 本が好き! Book ニュース
・『蚕にみる明治維新: 渋沢栄一と養蚕教師吉川弘文館 – 本が好き! Book ニュース

コメント

コメントの投稿

コメント(必須)