読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

【新刊】『メディア論 ブックガイドシリーズ 基本の30冊』人文書院

人文書院(http://www.jimbunshoin.co.jp/)は、8月にメディア論 ブックガイドシリーズ 基本の30冊を発売した。
 
元博報堂社員の社会学者・難波功士氏が、人文書院のブックガイドシリーズ「基本の30冊」でメディア論の入門書30冊をセレクトし紹介するもの。
紹介される書籍は1935年に著されたW.ベンヤミン複製技術時代の芸術から、2009年刊行のD.ライアン膨張する監視社会 ――個人識別システムの進化とリスク(邦訳は2010年)まで網羅的に紹介する。
 
メディア論 書影
 
目次
==================================================

第1部 メディアの生成
 ベンヤミン『複製技術時代の芸術』
 オング『声の文化と文字の文化』
 リップマン『世論』
 マーヴィン『古いメディアが新しかった時』
 水越伸『メディアの生成』
 フィッシャー『電話するアメリカ』
 フルッサー『写真の哲学のために』
 前田愛『近代読者の成立』
 北田暁大『広告の誕生』
 加藤秀俊『テレビ時代』
 
第2部 マスメディアの世紀
 有山輝雄『近代日本のメディアと地域社会』
 佐藤健二『読書空間の近代』
 キャントリル『火星からの侵入』
 ヴィリリオ『戦争と映画』
 ブーアスティン『幻影の時代』
 ホガート『読み書き能力の効用』
 モラン『プロデメの変貌』
 萩元晴彦、村木良彦、今野勉『お前はただの現在にすぎない』
 パットナム『孤独なボウリング』
 メイロウィッツ『場所感の喪失』
 
第3部 メディアの現在進行形
 アンダーソン『想像の共同体』
 佐藤卓己『現代メディア史』
 キットラー『グラモフォン・フィルム・タイプライター』
 原崎惠三『海賊放送の遺産』
 ペンリー『NASA/トレック』
 とりみき『愛のさかあがり』
 吉見俊哉、若林幹夫、水越伸『メディアとしての電話』
 井手口彰典『ネットワーク・ミュージッキング』
 ライアン『膨張する監視社会』
 マクルーハン『メディア論』
==================================================

★「本が好き!」編集部ナガタのコメント★
初学者向けに書かれているものですが、濃厚な書評集としても読めます。
これからメディア論を勉強しようという学生にも、ある程度メディア論を知っている人にも薦められる好著。
2009年刊行の井手口彰典ネットワーク・ミュージッキング―「参照の時代」の音楽文化が入っているのはさすが、と思いました。
このあたりに関心がある方は、音楽未来形―デジタル時代の音楽文化のゆくえ(共著)などで知られる谷口文和氏が企画した研究例会「ポスト・パッケージ時代の音楽活動 —— ネットレーベル現象から考える」の様子がまとめられたtogetterページをご覧ください。
 
【関連リンク】
・『情報時代の到来―「理性と革命の時代」における知識のテクノロジー法政大学出版局 – 本が好き! Book ニュース
・『規範とゲーム: 社会の哲学入門』勁草書房 – 本が好き! Book ニュース
・『セックスメディア30年史 欲望の革命児たち筑摩書房 – 本が好き! Book ニュース
・『ガール・ジン 「フェミニズムする」少女たちの参加型メディア』太田出版 – 本が好き! Book ニュース
・『パーソナルネットワーク 人のつながりがもたらすもの新曜社 – 本が好き! Book ニュース
・『ソーシャルゲームはなぜハマるのか ?ソフトバンククリエイティブ – 本が好き! Book ニュース
・『マス・リテラシーの時代―近代ヨーロッパにおける読み書きの普及と教育新曜社 – 本が好き! Book ニュース
・『世界ゲーム革命NHK出版 – 本が好き! Book ニュース
・『ドラゴンフライ エフェクト ソーシャルメディアで世界を変える翔泳社 – 本が好き! Book ニュース
 
本が好き! 広告のクロノロジー―マスメディアの世紀を超えて―
本が好き! ヤンキー進化論
本が好き! 族の系譜学―ユース・サブカルチャーズの戦後史
 
ウラゲツ☆ブログ : 人文書院の新シリーズ「ブックガイドシリーズ 基本の30冊」
本シリーズを紹介した記事。
「本のコンシェルジュ」というタグで、他社のブックガイドの紹介も読めます。
 
メディア芸術祭京都展エンターテインメント部門(11月5~6日) – aesthetica sive critica~吉田寛 WEBLOG
「ゲームってアートなの?──エンターテインメントのいま・これから」
シンポジウム「カジュアル化・ソーシャル化するゲーム──エンターテインメントの未来」
ワークショップ「ゲームはどうやって動くのか?──ニンテンドーDSと『プチコン』 で遊ぼう!」(仮題)
シンポジウム「メディア芸術の中のゲーム──これまでとこれから」(仮題)
などのナビゲーションを担当する美学者・吉田寛氏のブログでの紹介。
 
 
 
 
============================================================================
【本が好き!編集部ナガタのプロフィール】
当「BOOKニュース」を担当している’79年生まれ男性。
アメリカ合衆国コネチカット州生まれ。
その後、札幌・千葉・マニラ・東京・京都を転々。現在は板橋区在住。
フリーター・契約社員・嘱託社員・正社員・無職・結婚・離婚など紆余曲折を経て現職。
百科事典と画集と虫と宇宙が友達です。
「BOOKニュース」では出版系のイベントからマニアックな新刊情報まで、本に関する情報を収集して紹介しています。
ユニークな本を出される出版社様、紹介させていただきたいので是非BOOKニュース宛に新刊を送ってください!
twitterアカウント(@honzuki_news)でもときおり呟いております。

コメント

コメントの投稿

コメント(必須)

トラックバック一覧