読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

【新刊】『マス・リテラシーの時代―近代ヨーロッパにおける読み書きの普及と教育』新曜社

新曜社(http://www.shin-yo-sha.co.jp/)は、9月にマス・リテラシーの時代―近代ヨーロッパにおける読み書きの普及と教育を発売した。
 
かつて、19世紀後半のヨーロッパでは、誰もが新聞や本を読み、手紙を書く「マス・リテラシー時代」の幕が開かれたと本書は主張する。
読み書きの普及は家庭、労働、社交の場をどう変えたのか、リテラシーと学校教育、国家、メディア、そして経済発展との関係はどのようなものであったのか、各国の統計から民衆の手記まで、史料を総合して概観したリテラシーの社会史。
 
マスリテラシーの時代 書影
 
【関連リンク】
越境する書物―変容する読書環境のなかで新曜社 – 本が好き! Book ニュース
無知な教師 知性の解放について法政大学出版局 – 本が好き! Book ニュース
シェイクスピア・アンド・カンパニイ書店河出書房新社 – 本が好き! Book ニュース
オデオン通り アドリエンヌ・モニエの書店河出書房新社 – 本が好き! Book ニュース
幻視とレアリスム: クールベからピサロへ フランス近代絵画の再考人文書院 – 本が好き! Book ニュース
岡倉天心と大川周明山川出版社 – 本が好き! Book ニュース
『帝国以後』『文明の接近』の著者エマニュエル・トッド氏の再来日が決定 – 本が好き! Book ニュース
『僕の妹は漢字が読める』(ホビージャパン)-ラノベの最先端?! – 本が好き! Book ニュース

コメント

コメントの投稿

コメント(必須)