読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

【新刊】『映像から音を削る―武満徹映画エッセイ集』清流社

清流社(http://www.seiryupub.co.jp/)は、9月に映像から音を削る―武満徹映画エッセイ集を発売した。
 
年間300本以上見た年もあるとも言われ、映画好きとして知られる作曲家・武満徹。
映画音楽の作曲でも、『怪談』(1964年)、『乱』(87年)など優れた作品が多く、毎日映画音楽賞、ロサンゼルス映画批評家賞など多数の受賞歴をもつ。
本書は、フェリーニ・タルコフスキー・アンゲロプロス・ヴェンダースをめぐる深い思索と詩的直観に満ちた映画論、瀧口修造・早坂文雄・川喜多和子・芥川也寸志らの尊敬する師や友人についての愛惜に満ちた回想、みずから手がけた映画音楽の創作秘話を語ったインタビュー、商業主義に毒された映画界へ向けた鋭い批判などを所収。
 
映像から音楽を削る 書影
目次
==================================================

第一章 映画界は滅びても“映画”は滅びない
第二章 テキサスの空、ベルリンの空
第三章 映画音楽 音を削る大切さ
==================================================

★「本が好き!」編集部ナガタのコメント★
ちょうど大谷能生氏の貧しい音楽を読んでいて、シュルレアリスムとミュジーク・コンクレートの交差について、武満徹の作品が紹介されていたので、本書の刊行はとても楽しみです。
ちなみに武満徹の映画音楽では、井上陽水の奥さんの石川セリのアルバム『翼~武満徹ポップ・ソングス』に収録されている『ワルツ ”他人の顔”より』が好きです。
 
【関連リンク】
四方田犬彦『ゴダールと女たち』 (講談社現代新書) – 本が好き! Book ニュース
第1回ジャニーズ研究部「ディスコ文化として見るジャニーズ」に行ってきました – 本が好き! Book ニュース
『日本の作曲2000-2009』アルテスパブリッシング – 本が好き! Book ニュース
『辺境・周縁のクラシック音楽 〈2〉 中・東欧篇』青弓社 – 本が好き! Book ニュース
『「タワレコ女子ジャズ部」のお料理レシピみたいな音楽案内』駒草出版 – 本が好き! Book ニュース
 
本が好き! 『武満徹エッセイ選―言葉の海へ』
本が好き! 『貧しい音楽』
本が好き! 『アンゲロプロス―沈黙のパルチザン』
本が好き! 『サウンド派映画の聴き方 (CineLesson)』

 
 
 
============================================================================
【本が好き!編集部ナガタのプロフィール】
当「BOOKニュース」を担当している’79年生まれ男性。
アメリカ合衆国コネチカット州生まれ。
その後、札幌・千葉・マニラ・東京・京都を転々。現在は板橋区在住。
フリーター・契約社員・嘱託社員・正社員・無職・結婚・離婚など紆余曲折を経て現職。
百科事典と画集と虫と宇宙が友達です。
「BOOKニュース」では出版系のイベントからマニアックな新刊情報まで、本に関する情報を収集して紹介しています。
ユニークな本を出される出版社様、紹介させていただきたいので是非BOOKニュース宛に新刊を送ってください!
twitterアカウント(@honzuki_news)でもときおり呟いております。

コメント

コメントの投稿

コメント(必須)