読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

【新刊】『天皇の韓国併合 王公族の創設と帝国の葛藤 (サピエンティア)』法政大学出版局

法政大学出版局(http://www.h-up.com/)は、8月4日に天皇の韓国併合 王公族の創設と帝国の葛藤 (サピエンティア)を発売する。
 
1910年から47年まで、日本には王公族という特殊な身分が存在した。
王公族とは、韓国併合と同時に天皇が韓国皇室のために創設した身分で、皇族ではないが華族よりも上に位置づけられたもの。
本書は、葬儀や婚礼を事例に挙げ、朝鮮統治の安定と大義名分をかけて奔走し、皇室典範まで改定した日本側の様子を膨大な資料から読みとく1冊。
 
天皇の韓国併合 書影

【関連リンク】
『江戸時代の天皇』講談社 – 本が好き! Book ニュース
『天皇はなぜ生物学を研究するのか』講談社 – 本が好き! Book ニュース
『写真・ポスターに見るナチス宣伝術―ワイマール共和国からヒトラー第三帝国へ』青弓社 – 本が好き! Book ニュース
 
本が好き! 『英親王李垠伝―李王朝最後の皇太子』
本が好き! 『李方子妃―日韓皇室秘話』
本が好き! 『李方子―一韓国人として悔いなく (ミネルヴァ日本評伝選)』
本が好き! 『無窮花(ムグンファ)―最後の朝鮮王朝皇太子妃・甲完(カプワン)』
本が好き! 『梨本宮伊都子妃の日記―皇族妃の見た明治・大正・昭和』
本が好き! 『徳王自伝―モンゴル再興の夢と挫折』
本が好き! 『移民の社会的統合と排除―問われるフランス的平等』
本が好き! 『植民地帝国日本の文化統合』
本が好き! 『アファーマティヴ・アクションの帝国―ソ連の民族とナショナリズム、1923年~1939年―』

コメント

コメントの投稿

コメント(必須)