読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

【新刊】『植民地を謳う シャンソンが煽った「魔性の楽園」幻想』現代企画室

現代企画室(http://www.jca.apc.org/gendai/)は、7月に植民地を謳う シャンソンが煽った「魔性の楽園」幻想を発売した。
 
かつて、アジアやアフリカなど世界中に植民地を広げ、イギリスと並ぶ植民地帝国であったフランス。
現地の住民を「野蛮人」「食人種」と侮蔑しつつ、「女・裸・アヘン」などの楽園幻想をうたいあげる「植民地シャンソン」が生まれた背景を解説する。
 
植民地を謳う 書影
 
★「本が好き!」編集部ナガタのコメント★
著者の猪俣良樹氏は、元NHK国際局フランス語班チーフ・ディレクターで、20世紀初頭の見せ物文化「ヴォードヴィル」の研究者でもあります。

【関連リンク】
『アメリカの影のもとで 日本とフィリピン』法政大学出版局 – 本が好き! Book ニュース
『岡倉天心と大川周明』山川出版社 – 本が好き! Book ニュース
『世界美術への道 岡本太郎の宇宙 5』(ちくま学芸文庫) – 本が好き! Book ニュース
 
本が好き! 猪俣良樹『黒いヴィーナス ジョセフィン・ベイカー―狂瀾の1920年代、パリ』
本が好き! 猪俣良樹『パリヴェトナム漂流のエロス』
本が好き! 猪俣良樹『日本占領下・インドネシア旅芸人の記録』
 
本が好き! 『歌姫あるいは闘士 ジョセフィン・ベイカー』
本が好き! 『孤児たちの城―ジョセフィン・ベーカーと囚われた13人』
本が好き! 『砂糖の世界史』

コメント

コメントの投稿

コメント(必須)