読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

紀伊國屋書店新宿本店のフェア【じんぶんや】第72講「革命――資本主義に亀裂をいれる」が開催中

紀伊國屋書店(http://www.kinokuniya.co.jp/)新宿本店の月替わり企画【じんぶんや】の第72講として、社会学者のジョン・ホロウェイ氏による選書フェア「革命――資本主義に亀裂をいれる」が開催されている。
コメント付き選書小冊子が店頭で無料で配布されているとのこと。
 
===============================
場  所|紀伊國屋書店新宿本店 5Fカウンター前
会  期|~8月上旬
===============================
 
最近、河出書房新社から刊行されたホロウェイ氏の著書革命――資本主義に亀裂をいれる
革命 書影
 
詳細は紀伊国屋書店お知らせページ(http://www.kinokuniya.co.jp/20110711193639.html)へ。
上記の特集ページには、選ばれた書籍のリストとそれぞれの書籍へのホロウェイ氏のコメントや、革命――資本主義に亀裂をいれるの共訳者である高祖岩三郎氏によるエッセイも掲載。

★「本が好き!」編集部ナガタのコメント★
ここ数年、革命という単語の意味が変わってきているという印象があります。
僕はネグリ+ハート<帝国>や、白井聡氏の未完のレーニン 〈力〉の思想を読む、そして矢部史郎氏と山の手緑氏の愛と暴力の現代思想などを読んで徐々に感じ始め、最近は佐々木中氏の切り取れ、あの祈る手をを読み、またこの本が人文書としては異例の売り上げを記録したということを知っていっそう強く感じるようになりました。
また、ニューヨークの不法占拠運動に端を発する「アヴァン・ガーデニング」(前衛=アヴァンガード、と、園芸=ガーデニング、とを掛け合わせた造語)を紹介していたVOL 01など、楽しい話題もあります。
「革命」という単語がにおわせる暴力的なニュアンスから離れ、単に勇ましげな言葉に踊らされるのではなく、どのような革命が可能なのかあらためて検討が深められつつあるようです。

【関連リンク】
アマルティア・セン『アイデンティティと暴力』刊行記念フェアを各書店が開催 – 本が好き! Book ニュース
『情報時代の到来―「理性と革命の時代」における知識のテクノロジー』法政大学出版局 – 本が好き! Book ニュース
『世界ゲーム革命』NHK出版 – 本が好き! Book ニュース
『現地発 エジプト革命 中東民主化のゆくえ』岩波書店 – 本が好き! Book ニュース
若松英輔氏×安藤礼二氏トークイベント「いま、なぜ井筒俊彦か」開催予定 – 本が好き! Book ニュース
フィデル・カストロ自伝、明石書店から刊行予定 – 本が好き! Book ニュース
『中国が読んだ現代思想 サルトルからデリダ、シュミット、ロールズまで』講談社 – 本が好き! Book ニュース
 
本が好き! ジョン・ホロウェイ『権力を取らずに世界を変える』
本が好き! 矢部史郎『原子力都市』
本が好き! テオドール・W.アドルノ 『否定弁証法』
本が好き! カトリーヌ・マラブー 『ヘーゲルの未来―可塑性・時間性・弁証法』
本が好き! エルンスト・ブロッホ 『希望の原理』
本が好き!  田崎英明『無能な者たちの共同体』
本が好き! 浅羽通明『アナーキズム―名著でたどる日本思想入門』
本が好き! 高祖岩三郎『新しいアナキズムの系譜学』
本が好き! 高祖岩三郎『ニューヨーク烈伝―闘う世界民衆の都市空間』
本が好き! デヴィッド・グレーバー『アナーキスト人類学のための断章』
本が好き! デヴィッド・グレーバー『資本主義後の世界のために (新しいアナーキズムの視座)』
本が好き! 『闘争のアサンブレア』
本が好き! 不可視委員会『来たるべき蜂起』
本が好き! 『VOL 01』
本が好き! 『VOL 02』
本が好き! 『VOL 03』
本が好き! 『VOL 04』

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

コメント(必須)