読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

【新刊】『レッド・ステイツの真実―アメリカの知られざる実像に迫る』研究社

研究社(http://www.kenkyusha.co.jp/)は、7月20日にレッド・ステイツの真実―アメリカの知られざる実像に迫るを刊行する予定。
 
日本でアメリカのことが紹介されるときは、都市型・工業地帯の州がとりあげられることが多い。
これに対し、非都市型・農業地帯の州の実態はほとんど知られていないと言われている。
大統領選の際に共和党が勝つことが多いこれらの地域は、共和党のカラーをとって赤く表示され「レッド・ステイツ」と呼ばれる。
本書はその非都市型の農業地帯を紹介するもの。
 
レッド・ステイツの真実 書影

★「本が好き!」編集部ナガタのコメント★
本書の著者・西森マリー氏は、エジプトのカイロ大学で比較言語心理学を専攻し、NHK教育テレビの講師やテレビ朝日のキャスター等を経て、現在はアメリカを本拠地として活躍中のジャーナリスト。
本書でもっぱら取り上げられるレッド・ステイツはもちろん、共和党と対立する民主党が強いブルー・ステイツでも生活した経験がある方です。
町山智浩氏やマイケル・ムーア氏の活動で、日本の常識からするといかにアメリカが「非常識な国」なのかが知られてきています。
本書でも、世論調査などを踏まえながら、「銃」規制、環境破壊、中絶や死刑、同性愛、国外派兵などの諸問題について紹介。
日本人の一般的な思想(?)からすると、とても信じられないような考え方が取り上げられています。
もっとも、常識というのは地域ごとに違っていて、何が正しいのかという尺度は一概に判断できないもの。
たぶん大事なのは、何が常識で何が正しいのかということをあらかじめ決め付けたりせずに、知見を拡げて対話を深めていくことなんじゃないか、と僕は思っています。
しかしもう、このスタンスすら日和見主義的だと思われるくらい逼迫した世界観で生きてる人も多々いるわけで、簡単には答えが出せないところがまた悩ましいところです。

【関連リンク】
『現代にっぽん新宗教百科』柏書房 – 本が好き! Book ニュース
『メタフィジカル・クラブ――米国100年の精神史』みすず書房 – 本が好き! Book ニュース
『アメリカの影のもとで 日本とフィリピン』法政大学出版局 – 本が好き! Book ニュース
『ポストモダンとアメリカ文化─文化の翻訳に向けて』彩流社 – 本が好き! Book ニュース
『〈風景〉のアメリカ文化学』ミネルヴァ書房 – 本が好き! Book ニュース
紀伊國屋書店新宿本店5階で『潮汐の間』フェア開催中 – 本が好き! Book ニュース
 
本が好き! 『アメリカの歴史を知るための62章【第2版】 エリア・スタディーズ』
本が好き! 町山智浩 『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない (Bunshun Paperbacks)』
本が好き! マイケルムーア『アホでマヌケなアメリカ白人』
本が好き! 『アメリカ人はバカなのか』
本が好き! 『テキサス親父演説集(DVD付)』
『ぼくのゾンビ・ライフ』(太田出版)-映画化決定!スカーレット・ヨハンソン出演との噂もあり – 本が好き! Book ニュース

コメント

コメントの投稿

コメント(必須)