読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

【新刊】『藤原仲麻呂: 率性は聡く敏くして(ミネルヴァ日本評伝選) 』 ミネルヴァ書房

ミネルヴァ書房(http://www.minervashobo.co.jp/)は、6月に藤原仲麻呂: 率性は聡く敏くして(ミネルヴァ日本評伝選) を発売した。
 
奈良時代中期の権臣、藤原仲麻呂。
太政大臣として権力を上り詰めたのち、孝謙太上天皇・道鏡と対立し、いわゆる「藤原仲麻呂の乱」の結果、近江琵琶湖頭で非業の最期を遂げた、その劇的な生涯とはどのようなものだったのか。
賊臣とされてきた仲麻呂の生涯に迫る1冊。
1969年の岸俊男著藤原仲麻呂(人物叢書)(吉川弘文館刊)以来の本格的評伝。
 
藤原仲麻呂: 率性は聡く敏くして 書影

【関連リンク】 
小林惠子 日本古代史シリーズ 全九巻 刊行開始!(現代思潮新社) – 本が好き! Book ニュース
本が好き! 岸俊男『藤原仲麻呂 (人物叢書)』
本が好き! 林陸朗 『光明皇后 (人物叢書)』
本が好き! 『藤原氏の正体―名門一族の知られざる闇』
本が好き! 『万葉時代の人びとと政争』
本が好き! 『本当は怖ろしい万葉集―歌が告発する血塗られた古代史』

コメント

コメントの投稿

コメント(必須)