読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

【新刊】『シャーロック・ホームズの誤謬 ~”バスカヴィル家の犬”再考 ~ 』東京創元社

東京創元社(http://www.tsogen.co.jp/)は、6月29日にシャーロック・ホームズの誤謬 ~”バスカヴィル家の犬”再考 ~を発売した。
 
アクロイドを殺したのはだれかで、エルキュール・ポワロの推理に異を唱え、アガサ・クリスティアクロイド殺害事件の真犯人を暴き出した“推理批評”家バイヤールが、今回はシャーロック・ホームズに挑む。
シリーズ中の代表的長編バスカヴィル家の犬におけるホームズ推理の疑問点、矛盾点を指摘し、事件の真相に迫る。
探偵と作家の関係を分析するという知的スリルに満ちた現代文学批評。
 
『シャーロック・ホームズの誤謬 ~『バスカヴィル家の犬』再考 ~ 』書影

★「本が好き!」編集部ナガタのコメント★
精神分析家でもあり、著作読んでいない本について堂々と語る方法でも知られるピエール・バイヤール。
パリ第8大学の教授という超インテリならではの、徹底的な妄想を楽しみましょう。

【関連リンク】
本が好き! 『読んでいない本について堂々と語る方法』
本が好き! 『アクロイドを殺したのはだれか』
本が好き! 『探偵小説のクリティカル・ターン』

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

コメント(必須)