読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

【新刊】『ぼくのゾンビ・ライフ』(太田出版)-映画化決定!スカーレット・ヨハンソン出演との噂もあり

大田出版(http://www.ohtabooks.com/)は、6月23日にぼくのゾンビ・ライフを出版する。

本書は、ゾンビが公民権を求めて立ち上がるブラックなユーモア満載のゾンビ一人称小説。
死して初めて生の意味を見いだしたゾンビたちの哲学と痛烈なメッセージを含む、ドラマティックな愛の挽歌。
20世紀FOX製作、ディアブロ・コーディ(『JUNO/ジュノ』脚本家)プロデュースでの映画化も決定しているという。

ぼくのゾンビ・ライフ 書影

★「本が好き!」編集部ナガタのコメント★
ジョージ・A・ロメロの傑作『ゾンビ』以来、生ける死体ゾンビとは、現代社会に生きる私たち自身の暗喩でした。
世界中でこの発想にもとづく小説やマンガ、映画やアニメが制作されてきましたが、本作もその流れを汲むものだと思います。
気になるのは、映画化の情報。
なんとスカーレット・ヨハンソン出演の噂が囁かれています。
アメリカを代表する大作家ジェーン・オースティンの高慢と偏見のマッシュアップパロディとして話題になった高慢と偏見とゾンビ(監督は『スクール・オブ・ロック』のマイク・ホワイト)でも、降板したナタリー・ポートマンに代わって名前の挙がっていたスカヨハ。
やっぱりゾンビものに似合いそうな顔をしていると僕も思います。
是非、実現して欲しいキャスティングですね。
なお、訳者の小林真里氏が映画秘宝のブログに書いていた記事によると、本書は「『第9地区』ミーツ『ショーン・オブ・ザ・デッド』ミーツ『ファイトクラブ』と言える画期的な内容」とのこと。

【関連リンク】
展覧会カタログ+論考集『floating view ”郊外”からうまれるアート』、THE TOKYO ART BOOK FAIR 2011にて先行発売 – 本が好き! Book ニュース
『ゾンビ映画大マガジン』洋泉社 – 本が好き! Book ニュース
本が好き! 『高慢と偏見とゾンビ』
本が好き! 『高慢と偏見』〔新装版〕
本が好き! 『WORLD WAR Z』
本が好き! 『これはゾンビですか? はい、魔装少女です』
本が好き! 『ゾンビ・サーガ―ジョージ・A.ロメロの黙示録』

コメント

コメントの投稿

コメント(必須)