読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

【新刊】『ポストモダンとアメリカ文化─文化の翻訳に向けて』彩流社

彩流社(http://www.sairyusha.co.jp/)は、6月15日に『ポストモダンとアメリカ文化─文化の翻訳に向けて』を発売する予定。

これまで数多の論争が繰り返されてきた「ポストモダン」とは何かという問題。
本書は、冷戦期のサリンジャー『キャッチャー・イン・ザ・ライ』からピンチョンらのカウンターカルチャー、マドンナのアメリカ、ユダヤ系移民のアメリカ、ベトナム移民の文学、そして、9・11の『グラン・トリノ』までを文化的側面に焦点をあて歴史的文脈でとらえた通史だという。

コメント

コメントの投稿

コメント(必須)