読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

【新刊】『日本人なら知っておきたいお寺と神社 (イラスト図解版)』河出書房新社

河出書房新社 (http://www.kawade.co.jp/)は、5月25日に『日本人なら知っておきたいお寺と神社 (イラスト図解版)』を発売した。

お寺と神社をめぐる基礎知識や、有名寺院・神社の沿革、代表的な仏像と祭りの特徴などをイラストとともに解説する。

日本人なら知っておきたいお寺と神社 書影

★「本が好き!」編集部ナガタのコメント★
日本人でなくても、日本の宗教施設のことを知ったら面白いと思います。
……通称「萌え寺」と呼ばれる八王子の了法寺のことはご存知でしょうか。
弁財天を中心に複数の仏神を祀っているお寺で、その境内で入手できるテーマソング『「寺ズッキュン! 愛の了法寺!』に収録されている「如来16(涅槃モード)」や「さとりDEポン!」は良曲です。
お寺では、とても真面目な住職さんのありがたいお話も聞けるので、ぜひ足を運んでみていただきたいスポット。
ちなみに伝統的な神道や仏教だけではなく、江戸時代以降に成立したいわゆる「新宗教」の建築物も非常に興味深いものが多いのは、なんとなく知られています。
21年前に「東京にコンクリートで密封した原発をモニュメントとして設置する」というプランの卒業制作で毎日新聞に顔写真入りで取材されるなど話題になったこともある、現代の建築史・建築評論の代表的な論者の一人・五十嵐太郎氏の博士論文をもとにした著書『新宗教と巨大建築』は、未読の人にはぜひお薦めしたい良書です。

【関連リンク】
『新編 神社の古代史』学生社 – 本が好き! Book ニュース
『平城宮大極殿院の設計思想』吉川弘文館 – 本が好き! Book ニュース
大法輪 2011年 01月号 【特集】神社・神道の常識と雑学
大法輪 2010年 03月号 【特集】これでわかる密教
大法輪 2010年 10月号 【特集】身近な梵字・真言入門
新編 新宗教と巨大建築 / 五十嵐太郎

コメント

コメントの投稿

コメント(必須)