読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

『華族令嬢たちの大正・昭和』(吉川弘文館)が、日経新聞書評欄で紹介

日本経済新聞(http://www.nikkei.com/)の書評欄で、『華族令嬢たちの大正・昭和』(吉川弘文館)が取り上げられた。

書評は井上章一氏によるもので、2011年5月25日付の夕刊に掲載。
「4人の会話 多様さ浮き彫り」と題され、旧華族の女性の回顧録は今までもなくはなかったが、本書では4人の元華族女性が語り合うことで互いのズレが明らかになり、華族生活の当時の多様性を浮き彫りにしていくところがおもしろい、と評している。
井上氏は『美人論』(リブロポート)で美人をめぐる歴史的な考察をしたことで知られる。

『華族令嬢たちの大正・昭和』書影

コメント

コメントの投稿

コメント(必須)