読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

【新刊】萩尾望都エッセイ集『一瞬と永遠と』幻戯書房

幻戯書房(http://www.genki-shobou.co.jp/は、6月1日に萩尾望都のエッセイ集『一瞬と永遠と』を発売する。

『残酷な神が支配する』『トーマの心臓』などの少女マンガで知られる萩尾望都の13年振りのエッセイ集。

一瞬と永遠と 書影

★「本が好き!」編集部ナガタのコメント★
往年の作品が依然として話題にされるなか、最近の作品があまり読まれていない印象がある萩尾望都。
個人的には『バルハラ異界』が大好きなんですが。
それはさておきファン待望の今回のエッセイ集では、「絶望と虚無をこえて、それでも再生してゆく新しい世界(本文より)」というような美しい表現が駆使されて、萩尾作品の世界に通じる、残酷なのにどこか優しい、不思議な気持ちに浸れそうです。
雨が降りそうで降らない、降るときはどーっと降ってじめじめする、そんな不安定な空気のなかで読むといっそうしみてくるものがあると思います。


【関連リンク】
萩尾望都と山岸涼子の初対談がウェブに掲載 – 本が好き! Book ニュース
新刊情報:イースト・プレス『音楽の在りて』 – 本が好き! Book ニュース

コメント

コメントの投稿

コメント(必須)