読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

そうさ、YOUたちSuper Boy!ジャニーズを徹底的に読み解く一冊

テレビやラジオはもちろん、デパートなどのBGMでも頻繁に耳にする歌声。いわゆる「ジャニーズ系」が音楽界を席巻している状況を否定できる人はいないだろう。男性アイドル全体に占めるジャニーズ系の割合を考えれば、あるいは「イケメン」といえばまずジャニーズ系のアイドルが思い浮かべられることを考えてみれば、ジャニーズ系のインパクトや重要性を「音楽」だけに限って考えることも正しくない。広くエンターテイメント産業全体において、ジャニーズ系がこの半世紀に果たしてきた役割は非常に大きい。
 
今回紹介する、大谷能生・速水健朗・矢野利裕ジャニ研! ジャニーズ文化論は、そのジャニーズ系についての考察本である。ジャズ・ミュージシャンであり音楽評論家でもある大谷、ケータイ小説から都市論まで幅広く論じる評論家の速水、そして1980年代生まれのDJの矢野という異色の3人組による座談会形式の本書。執拗な情報収集能力と広く深い教養に基づきつつも、あくまでライトに、本人たちが楽しんでいるのがよくわかる。いわゆる自称「音楽好き」が軽蔑するJ-POPだが、そのなかでの最大派閥のひとつであるジャニーズについて、ガチで論じるとどうなるのか。ちゃんと考察してみたら非常に面白かった、というのが本書のとりあえずの結論である。ジャニーズをより楽しむために、ぜひ手にとって欲しい。
 

 
本書の面白いところは、ジャニーズをディープに論じながら、同時にモーニング娘。やAKB48(というか秋元康)、あるいはGSブームなどを並列的に考察しているところ。特にジャニーズの歴史を最初から辿った結果、そこにあるエンターテイメント哲学として、レコードやCDといった音源ではなく、舞台を重視するスタンスを最初期から貫いてきたことが指摘されるのが興味深い。その際に、ベストセラーでもあるグレイトフル・デッドに学ぶマーケティングが参照されるのも面白い。
 
目次
==================================================

第1章 ジャニーズとデビュー ~そうさ、YOUたちSuper Boy!~
初代ジャニーズからA.B.C-Zまで
 
コラム1 ジャニーズにおける「冬の時代」
 
第2章 ジャニーズとコンサート ~パラダイス銀河にはまだ早い~

ジャニーズコンサートのはじまり
シブがき隊解隊コンサート
光GENJI FIRST LIVE
SMAP LIVE BIRDMAN 1999 SUMMER TOUR
ジャニーズの大転換――ドレスアップ/ドレスダウン
レアグルーヴ以降の黒人音楽の再解釈
メンバー紹介ラップに見るヒップホップ文化
KinKi Kids 2010‐2011 ~君も堂本FAMILY~
嵐 君と僕の見ている風景2010
Sexy Zoneのコンサートに行った
ポピュラーミュージックにおけるファンの捕まえ方
グレイトフル・デッドからコンサートビジネスを考える
コンサートは何のため?
消費者ではなくファンを作る  他
 
コラム2 80年代/90年代/00年代のジャニーズ楽曲について、それぞれの考察(1)
 
第3章 ジャニーズとディスコ ~情熱☆極東でぃすこてぃっく~

ジャニーズ研究部が選ぶジャニーズディスコ5曲
DJカルチャーの発祥
ディスコは総合文化
キラキラのフィリーソウル
4つ打ちの意味
トシちゃんはなぜグローバルヒットにならなかったのか
少年隊がダンスミュージックを取り入れる必然性
楽曲のレイヤー構造化とジャニーズサウンドの関係
ドレスアップとドレスダウン――ハウスとディスコの違い
ジャニーズ式ディスコ 他
 
コラム3 80年代/90年代/00年代のジャニーズ楽曲について、それぞれの考察(2) 
 
第4章 ジャニーズとタイアップ・ビジネス ~KANSHAしてタイアップしようよ~

コカ・コーラで見るCMの歴史
象徴天皇制下の自由恋愛とレジャーの推奨からアイドルが生まれた!?
イメージソングの時代
世代論として見るCM
TOKIOは物流をリードする
嵐とKAT-TUNと「つながり」需要
SMAPのCMから日本の通信の進化が見える
キムタクは団塊ジュニアのロールモデル
スポーツのイベントビジネス化
テレビの産業構造の変化とスポーツ
テレビの変化への対応がタイアップビジネスだった 他
 
コラム4 80年代/90年代/00年代のジャニーズ楽曲について、それぞれの考察(3)
 
第5章 ジャニーズとミュージカル ~仮面舞踏会・マスト・ゴー・オン~
ジャニーさんとミュージカルの出会い
『ウエスト・サイド物語』
帝劇の背景
宝塚の成り立ち
アイドル文化の発祥は大正童心主義にあり!?
『SUMMARY 2010』のツーリズム
『Endless SHOCK』の劇中劇
宝塚の男役と『滝沢歌舞伎』の女形の違い
『PLAY ZONE』のファミリー感
ジャニーズのオリエンタリズム
ジャニーズと黒人音楽
文化は西へと進む
亀梨和也「1582」に結実したもの 他
 
コラム5 ジャニーズにおけるオリエンタリズムの系譜
 
第6章 ジャニーズは今 ~僕たちのNext Stageへ旅は続いてゆく~
アイドル戦国時代の中で
ジャニーズ、つんく♂、秋元康が司るメディアと設定する客層の違い
ファンでなく、ファミリーにする
アイドルはどうやってサヴァイヴするのか
ハード業界と音楽業界、複数買いは是か非か
人はアイドルの何にお金を払うのか
アイドルは美意識の書き換えを行ってきた
ジャニーズはエキゾチズム/ジャポニズム、EXILEはナショナリズム
戦後日本にアメリカから民主主義とジャニーズ顔が到来した
国民の無意識を映し出すのがポップスである 他
==================================================
 

【関連記事】

第1回ジャニーズ研究部「ディスコ文化として見るジャニーズ〜極東★でぃすこてぃっく、情熱熱風☆せれなーで〜」

本書のもとになった連続イベントの第一回。
大谷能生さんが歌を歌っていたのが楽しかった。
 

今はなき共産国「東ドイツ」を振り返るイベントに行って来ました!

本書の共著者のひとり、速水健朗さんも登壇したイベント。
ジャニーズもドイツの歴史も語れるって守備範囲がめちゃめちゃ広いですね。
 

ウォルト・ディズニーが構想した理想都市、幻のディズニーシティ


そんな守備範囲の広い速水さんの最新の新書。
ディズニーアニメから最新のショッピングモールまで、世の中の見方が変わる興味深い1冊です。

 

『ラーメンと愛国』


速水さんの守備範囲の広さを物語るもう1冊。
日本の歴史とラーメン文化の歴史を併せて語るもの。
 

名曲で辿るテクノの歴史『テクノ・ディフィ二ティヴ1963-2013』


音楽本繋がりで。

 
【関連ページ】

【新宿南店】12月18日(火)トーク&サイン会/『ジャニ研! ジャニーズ文化論』刊行記念

著者たちによるトーク&サイン会が開催予定です。
これは行きたい。
 

【第1回】嵐に「巻き込まれた」? デビューのハナシ|青井サンマ|嵐の聴きかた|cakes(ケイクス)

「cakes」で連載中の「嵐の聴き方」も面白いです。
第1回は、彼らのデビュー時の意外すぎるエピソード。
 
 
==================================
【本が好き!編集部ナガタのプロフィール】
当「BOOKニュース」を担当している’79年生まれ男性。
アメリカ合衆国コネチカット州生まれ。
その後、札幌・千葉・マニラ・東京・京都を転々。現在は板橋区在住。
フリーター・契約社員・嘱託社員・正社員・無職・結婚・離婚など紆余曲折を経て現職。
百科事典と画集と虫と宇宙が友達です。
==================================
==================================

 
「BOOKニュース」では出版系のイベントからマニアックな新刊情報まで、
本に関する情報を収集して紹介しています。
ユニークな本を出される出版社様、
紹介させていただきたいのでBOOKニュース宛に新刊をぜひ送ってください!
↓宛先はこちら↓
〒333-0834
川口根岸郵便局留
Bookニュース 永田希

twitterアカウント(@honzuki_news)でもときおり呟いております。
RSSフィード購読はこちら。

コメント

コメントの投稿

コメント(必須)