読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

マンガ好き必見!業界人が集うマンガ研究会に持ち寄られた逸品たち

昨日は、某出版社の編集の人と、某WEBメディアの編集の人と、月例で開催している「コンテンツ業界マンガ研究会(略して「マンガ部」)」に出席してきました。
 
「マンガ部」は、最近注目のマンガ・人に薦めたいマンガを持ち寄るという内容の会なので、「最近おもしろいマンガに出会ってない」「もっと面白いマンガを読みたい」という人には、ラインナップを紹介するだけでも参考になるかも知れません。
というわけで、さっそくどんな本が集まったのかを紹介していきましょう。
 



 
左列最上段から
スーパーマン:レッド・サン
「もしスーパーマンがアメリカではなくソ連側についていたら?」という設定で描かれる、異端アメコミ。キック・アスの作者による、ウォッチメン級のアメコミ批判アメコミです。元々大富豪という設定のはずのバットマンが、反政府ゲリラとして活躍するのが笑える。
 
34歳無職さん
日々の機微を詩的に描く美しい作品。静謐な世界観と、胸あたたまるコミカルな表現がところどころ同居していて素晴らしい。しかし主人公は勤め先が倒産したのを機会に、1年限定で無職生活をすることを選んだ人物。「このままではいけない」という淡く漠然とした不安が作品全体に奇妙な緊張感を与えている。
 
ごっこ1・2・3
当Bookニュースでも記事を紹介した、「ロリコンが女児を育てる」というキワドい設定の物語。絵がとてもライトで可愛らしく、テンポのいいセリフの応酬も読んでいて楽しい。しかし扱われているテーマは重量級。結末をどう読むかがけっこう分かれる作品。
 
中央列最上段から
東亜総統特務隊
小林源文による、ハードな戦記もの。未読のため内容は不詳。それにしても強烈な表紙です。この作品が紹介された時に、ゲイ・エロティック・アーティストの田亀源五郎がBLを描いているという話題が出ました。未読なので読んでみたいです。
 
犬狼伝説上下
この作品だったかどうか記憶が怪しい。押井守と藤原カムイの共作。なお、会に持参されたのは1冊本だった。
 
一生中2じゃダメかしら?: 西炯子エッセイ集
厳密に言うとマンガではない。『姉の結婚』などの作品で知られる西炯子のエッセイ集。未読のため内容は不詳。
 
GARDEN
BL作品。人を喰らう「天使」と、人間との交流を描く作品とのこと。未読なので内容は不詳。絵が驚くほど美しい。
 
右列最上段から
魔法のつかいかた
コマ割りがとても巧い作家の作品。未読なので内容は不詳。
 
奥津城村の愉快葬

BL短篇集。けっこう生々しい性描写あり。生前葬をモチーフにしたものなど。自分が主人公と同じ年齢でちょっと引いた。お葬式というと、道満晴明ニッケルオデオンでも同性愛が描かれていたけれど、死と同性愛の関係ってなんなんだろう。完読していないので内容は不詳。
 
恋愛スイッチ
BL作品。今回持ち寄られた作品の中で、なんとなく一番好きな作品。人間関係の構図が凄く明快で、ストーリーの展開にストレスがない。そのうえでキャラクター同士の言葉のやりとりが微妙に間が抜けていて、にも関わらず物凄い文字量と情報量が込められているのが楽しい。
 
千歳ヲチコチ
日常系平安マンガ、とのこと。現代人のようなノリの軽快なやりとりが、平安時代の貴族たちのあいだで繰り広げられる。独特のテンポが癖になる。なお、巻末の4コマ漫画ではファッション雑誌を読んだり、ネタ的に現代風俗を取り込んでいて面白い。
 
SEX PISTOLS
『GARDEN』と同じ作者の作品。人類の祖先が類人猿だけでなかったら?という設定でSF的な物語が展開されているとのこと。興味深い。未読のため内容は不詳。

 
 
昨日の会に持ち寄られた作品は、僕の記憶が正しければ以上のとおり。
未読のものが多いので、これからゆっくり読もうと思います。
 

==================================
【本が好き!編集部ナガタのプロフィール】
当「BOOKニュース」を担当している’79年生まれ男性。
アメリカ合衆国コネチカット州生まれ。
その後、札幌・千葉・マニラ・東京・京都を転々。現在は板橋区在住。
フリーター・契約社員・嘱託社員・正社員・無職・結婚・離婚など紆余曲折を経て現職。
百科事典と画集と虫と宇宙が友達です。
==================================
==================================

 
「BOOKニュース」では出版系のイベントからマニアックな新刊情報まで、
本に関する情報を収集して紹介しています。
ユニークな本を出される出版社様、
紹介させていただきたいのでBOOKニュース宛に新刊をぜひ送ってください!
↓宛先はこちら↓
〒333-0834
川口根岸郵便局留
Bookニュース 永田希

twitterアカウント(@honzuki_news)でもときおり呟いております。
RSSフィード購読はこちら。

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

コメント(必須)