読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

あなたはなぜモテないか?ずばり、それはあなたがキモチワルイから

今回紹介するすべてはモテるためであるは、1998年に刊行された同名の書籍に、國分功一郎との対談を加えて文庫化したもの。(正確には、1998年に刊行された同名の書籍が、『モテるための哲学』に名を変えて文庫化されたものに、大幅な加筆修正と第五章「モテてみた後で考えたこと」を加えて再度文庫化したのが本書。)
本書に解説を寄せている上野千鶴子は、自著男おひとりさま道で取りあげるなど、本書を高く評価している。
 
この本の著者の名は二村ヒトシ。『接吻・痴女・ふたなり・密室 南波杏』などの作品で知られるAV監督である。「あなたはなぜモテないか?ずばり、それはあなたがキモチワルイから」という衝撃的な書き出しで始まるこの本は、「キモチワルイ」をテーマに、タイトルにある「モテ」というよりもむしろ「人生をどう良くするか」という哲学的な問題に取り組もうとする。
 

 
二村は、「かんじのいいバカ」と「考えられる人だが、臆病すぎない人」の2種類の男以外、たいていの男はキモチワルイ、と書いている。この2種類のどちらかでなければ、要するにモテない、ということなのだ。本書の特徴はこのように、論じる内容について明快なパターンをいくつか提示し、そのうえで読者が自分で考えられるように仕向けてくる点にある。
 
「すべてはモテるためである』という書名に反するかのように、この本でもっとも衝撃的なのは、今回の再文庫化にあたって加筆された第五章「モテてみた後で考えたこと」だろう。もともと自分もモテていない状態で書き始めたこの本だったが、刊行後、じっさいにモテるようになってから、結局つらくなってしまった、ということが書かれている章だ。第五章と併せて追加された対談で、哲学者・國分功一郎もこの章について言及している。
 
目次
==================================================

第1章 どんなふうにモテたいのか?どんなふうにモテないのか?
1 そもそも「モテ」とはなんでしょう?
なぜモテたいと思うのか?/どういうふうにモテたいのか?
2 「マニュアル本」を読んでしまう男がモテない理由。
自意識過剰だからモテない。/女の人は、どう思っているか。
3 あなたがモテないのは「自分について」ちゃんと考えていないから。
あなたは「バカ」か「臆病」か?/「いい人」だからモテない?/同じ「土俵」に乗る。/「モテる奴」と「モテない奴」を分類します。/あなたは、どんな時に、どれになっているか。
 
第2章 恋愛する前になんとかしておいたほうがよいこと。
1 外見は治すのか?
コンプレックスについて考える。/実例を出します。読んでて泣かないように。/コンプレックスと、どうつきあうか?
2 バカを治す。
下品な男。/モテないのにワイルドを目指すな。/あなたは「特別」じゃない。
3 臆病を治す。
「適度に」自信をもつ。/自分の【居場所】をつくる。/「エラソー」になるな。/いちばん臆病でバカなのは。
4 【オタク】は治さなくていい、が。
オタクには「居場所」がある。/モテるオタクとモテないオタクのちがい。/モテないオタクは、ある種のマンガを自分に都合よく読み間違えている。/あなたは本当にモテたいの?
 
前半のまとめ 後半へのイントロダクション
モテる人、モテない人。/あなたは、まだナンパとかしないほうがいい。
 
第3章 どこで出会うのか。誰と出会うのか。
1 エッチなお店で練習だ。
あなたは「女の子のいる店」について、どういう認識であるか?/女の子がいるお店に行く前に…/キャバクラに行こう。コミュニケーションの練習をしに。/「男がマグロでいい系」じゃない風俗に行こう。/嫌われる客。
2 どうやって出会うの?
いよいよ素人の女性に向かうわけだが、身近に素人の女性がいないあなたは。/ソーシャル・ネットワークのオフ会を狙え。/相手の話を聴く。/ギラギラしてるとモテません。/自己開示して、自分のギラギラに対処する。
 
第4章 どうやって「恋愛」するのか。
1 あなたの中の「スーパー戦隊」みたいなもの。
【あなた】はキモチワルくなくなり【いい人】になった。/あなたの中のいろんなキャラ。
2 どんな女性を口説くのか。
恋をするなら。/セックスするなら。/オナニーする女性。
3 アブノーマルなセックスについて。
変態は、どうだ?
4 あなたの中の、女の子。
モモレンジャーを意識する。/あなたの中の【女】の性格を理解しよう。/【あなたの中の女】と、あなたのお母さんとの関係。
 
第5章 モテてみた後で考えたこと。
 
[解説] 上野千鶴子
[特別対談] 國分功一郎×二村ヒトシ
==================================================
 
【関連記事】

非モテ必見!超絶美女が舞い踊るインドSFアクションで学ぶモテ三か条


人気ブロガー「ココロ社」さんが書いた恋愛小説形式のモテ指南本『読むだけで彼女ができる-モテる小説』を紹介した記事。
 
【関連ページ】

セックスの哲学ブログ

生命倫理学と功利主義の著者のひとりである江口聡氏による読みやすいブログ。
「セックスとは何か」という、自明なようでいて、意外に難解な問いに取り組んでいます。
 

==================================
【本が好き!編集部ナガタのプロフィール】
当「BOOKニュース」を担当している’79年生まれ男性。
アメリカ合衆国コネチカット州生まれ。
その後、札幌・千葉・マニラ・東京・京都を転々。現在は板橋区在住。
フリーター・契約社員・嘱託社員・正社員・無職・結婚・離婚など紆余曲折を経て現職。
百科事典と画集と虫と宇宙が友達です。
==================================
==================================

 
「BOOKニュース」では出版系のイベントからマニアックな新刊情報まで、
本に関する情報を収集して紹介しています。
ユニークな本を出される出版社様、
紹介させていただきたいのでBOOKニュース宛に新刊をぜひ送ってください!
↓宛先はこちら↓
〒333-0834
川口根岸郵便局留
Bookニュース 永田希

twitterアカウント(@honzuki_news)でもときおり呟いております。
RSSフィード購読はこちら。

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

コメント(必須)