読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

文学フリマに行ってきました!戦利品26誌レポート

第15回文学フリマに行って来ましたので、とりいそぎお買い物レポートを。「買い過ぎてしまった…」という後悔と、「チェックしきれないサークルがいっぱいある…」という後悔とともに、「楽しい本をたくさん買えた」という満足感もあって不思議な気持ちです。
 
販売開始後3分で売り切れたという布製表紙の同人誌Rhetoricaの手作り感とか、初めて寄ったブースの作家さんにいろいろお話を伺えたりとか、本の即売会なのに「ライブ感」があって楽しかったです。コミケやコミティア(今回は文学フリマと日程が重なってしまって行けなかったのですが)にも同じライブ感があるのですが、相対的に規模が小さい文学フリマでは比較的落ち着いて楽しめるので、そこが好きですね。
 
ではさっそくレポートです。まずはあらかじめチェックしていた同人誌。
ねとぽよ 女の子WEB号は次の写真に)


左上から
フミカ
Project:AMNIS
アニメルカ増刊号 反=アニメ批評 2012autumn 特集:アニメと音Ⅱ
セカンドアフターEX2012
幻視社
Rhetorica
アーカイブ騎士団004ロボット小説集
つらぽよ本

 

次に、ブースで見かけて買ってしまった同人誌!(とねとぽよ 女の子WEB号

建築雑誌ねもは003 特集:建築のメタリアル
ロウドウジン05 特集;企業理念2.0
同人詩誌「中庭」
そして『中庭』の左の小さなカードがねとぽよ 女の子WEB号の電子書籍URLが記載されたカード
写真右上の大きな紙袋は『ねとぽよ』購入時に渡してもらったもの。とても助かりました。ありがたい。
 

左上から
bnkrR vol.5 カレー特集
本当はこのBLがすごい! 2011版』『本当はこのBLがすごい! 2012版
紙版『花園magazine』2012秋冬号
喫茶マリエール「Otogi Stories」』
新文学04 現代文化のセクシュアリティ/原発事故へのアクション
What Is Idol? vol.7
aBre8号 特集:Girls in the Zoo
唐草銀河vol.1 素描――触れ合わぬ手――

 

最後に、これは各同人誌のおまけペーパー的な冊子類。

左上から
「What is Idol?」さんの「無銭現場のススメ Naked」
「Project:AMNIS」さんの「Re:AMNIS」
「アニメルカ」さんのペーパー
「唐草銀河」さんの「少女文学者・春呼さん はじめてのお便り」

そして「アーカイブ騎士団」さんの「ロボットジョーク集」
 
===
個人的に一番欲しかった『AMNIS』は完売、僕が寄稿した『つらぽよ本』も160部売れたということでした。完売といえば『Rhetorica』も完売してましたね、3分で。
 
また『ロウドウジン』は表紙が怖いので買わないつもりだったのですが、サークルのメンバーの人がブースで「リアルタイム造本ですよ…。撮影に使わせてもらった”せんだいメディアテーク”から、文中の文言にOKだしてくれたのが直前で…」と言っていたのを聞き、実物をめくってみたら、「メディアテーク、よくこれでOKだしたな」という暴走っぷりが楽しく、しかも値段も安かったので買ってしまいました。
 
シンプルで可愛らしい装幀の「中庭」は判型こそ小さいけれど分厚く、そこのなかには繊細なのにどこかしら暴力的な詩がたくさん収録されていて嬉しい1冊。写真を取り忘れてしまったのですが、ブースの本の置き方もシンプルでかつ可憐、素敵でした。
 
「唐草銀河」さんは、ブースを眺めて歩いていたら、売り子の方が話しかけてくれて「これ、物語の最後まで明かされないんですが、主人公がボッティチェルリなんですよ。彼の同時代人が名前を出さずにボッティチェルリの話をしているという内容で…」「私が書いたのですが、時代考証は完璧です。海外で新しい発見とかが出ていない限り、まず間違いない内容です」と聞かされてマニアックすぎて買ってしまいました。だいたい、「ボッティチェルリ」と言われてもわからない人はぜんぜんわからないのではないか…。
 
==================================
【本が好き!編集部ナガタのプロフィール】
当「BOOKニュース」を担当している’79年生まれ男性。
アメリカ合衆国コネチカット州生まれ。
その後、札幌・千葉・マニラ・東京・京都を転々。現在は板橋区在住。
フリーター・契約社員・嘱託社員・正社員・無職・結婚・離婚など紆余曲折を経て現職。
百科事典と画集と虫と宇宙が友達です。
==================================
==================================
 
「BOOKニュース」では出版系のイベントからマニアックな新刊情報まで、
本に関する情報を収集して紹介しています。
ユニークな本を出される出版社様、
紹介させていただきたいのでBOOKニュース宛に新刊をぜひ送ってください!
↓宛先はこちら↓
〒333-0834
川口根岸郵便局留
Bookニュース 永田希

twitterアカウント(@honzuki_news)でもときおり呟いております。
RSSフィード購読はこちら。

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

コメント(必須)