読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

献本速報:『アナスタシア ~響きわたるシベリア杉 シリーズ1~』

アナスタシア ~響きわたるシベリア杉 シリーズ1~』(ナチュラルスピリット)が刊行された。
 
精神世界・不食・波動・高次元医療・東洋医学といったテーマに関心のある人に向けた書籍。
著者は、シベリアのタイガ(ロシア語でシベリア地方の針葉樹林のこと)を旅しているときに少女アナスタシアと出会う。本書は、アナスタシアの実践する生き方と思想を紹介するものだ。
 
アナスタシアは行き過ぎた技術優先の現代文明がもたらす弊害を悲観し、彼女の言う宇宙の本質に従い、地球と調和して生きることを訴える。著者は、アナスタシアに様々な疑問を投げかけ、現代人のライフスタイルについて語り合う。
 
解説のきくちゆみ氏が書いているとおり「本書の内容が事実かフィクションか」という議論はありうるが、きくち氏は「本書が伝えるメッセージは、それが事実か否かにかかわらず、けっして色あせることがない」と述べている。そこは個々の読者の感性に委ねられるところだろう。
 

<< 本が好き!で献本の詳しい情報を見る >>
アナスタシア

 
目次
==================================================

ペレストロイカ
響きわたるシベリア杉
出会い
彼女は人間? それとも野生動物?
彼らは何者?
森の中の寝室
アナスタシアの朝
アナスタシアの光線
コンサート・イン・ザ・タイガ
新しい星を天空に灯す
彼女の愛するダーチュニク
アナスタシアのアドバイスから
 種はお医者さま
 蜂はむやみに人を刺さない
 朝よ! おはよう
 一日の終わりに
 何をいつ食べるべきかは身体が知っている
自分の星の下で眠る夜
満点の星を映す湖で
子どもたちの真の教師は?
森の学校
人間を観察してみると?
UFOの飛行原理
人間の脳こそスーパーコンピュータ
「この言葉に命があった。そしてこの命は人の光であった」
あなたは世界観を変える必要がある
死をもたらす大罪
天国にふれる
私たちの息子は誰が育てる?
奇妙な若い女性
昆虫たち
夢が未来を創る
闇の勢力の時間域を超えて
強い人々
アナスタシア、きみはいったい誰?
==================================================
 

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

コメント(必須)