読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

恋するアラサー女性を悩ませる「心のすれ違い」定番5パターンとは?

当Bookニュースでたびたび取り上げている水城せとなさん。前回は代表作失恋ショコラティエの最新作が掲載されている、ということで連載誌の「フラワーズ」を紹介しました。
今回は、現在連載中の3本のうちもっとも新しい作品脳内ポイズンベリーをご紹介します。とうとう待望の第2巻が先日ようやく刊行されたのです!
 
「脳内ポイズンベリー」は、主人公のアラサーでほぼ無職の女性が、年下の男性とイイ感じになり、とうとう付き合い始めたはいいけれど、相手には別の女性の影が…というストーリー。
…ストーリーだけ紹介すると非常にアリガチな感じなのですが、そこは鬼才・水城せとな。なんと主人公の心理的な葛藤を5つの人格による「会議」の紛糾として描き出すのです。
 

  


※『脳内ポイズンベリー』1・2巻
二冊の表紙を並べて気づいたのですが、ほとんどまったく同じ構図、同じキャラクターの配置なのに、様々な表情の変化が描かれていて、阿鼻叫喚の感じが非常に巧みに演出されていますね…実際ほんと阿鼻叫喚です。
 
異色といえば異色な設定ですが、アリガチなストーリーに対してこの設定、「実は単なるキワモノなんじゃないか」と思われる読者もいるでしょう。
僕もこの設定だけを評価するつもりはありません。
ではいったい本作の何がそんなに魅力的なのでしょうか。
 
最近の水城せとなといえば、感情のスレ違いの描写を職人芸のレベルにまで高めた、ある意味で達人。
その彼女の作品を読んでいると「スレ違いが生じるパターン」というのがいくつか抽出できるように思われます。
 
ひとつは「躊躇」
たとえば、自分の気持ち(それが怒りであれ、好意であれ)を誰かに伝えようとするときに、それを伝えることによって招いてしまうであろう事態を先回りして考えてしまい、結局思い留まってしまう。そうこうしているうちに、ついに相手は自分の気持ちを察してくれることなく、ストーリーは進展してしまうのです。
 
つぎに「考えすぎ」
「躊躇」にも似ているパターンですが、これは必ずしも恐怖が背景にあるものに限りません。何かを思い留まるというよりは、単純に考えに耽って行動に出るのが遅くなってしまったり、誤った行動を選んでしまった結果として、相手とスレ違ってしまう。
 
そして「混乱」
いわゆるパニックというやつです。「えーっ!なんでそうなるの?」と考えてしまって「考えすぎ」のパターンに移行するほかに、ショックのあまり「茫然自失」になるケースもあります。
 
リアルなのは「疲弊」
上記に列挙したようなパターンが連続したり、身体的な条件(病気、睡眠不足、過労、尿意や便意、空腹)によって、判断力が低下したり、結論を急ぎすぎることで、結局相手との意思疎通が不十分に終わる、という展開。
 
あとは「失念」
つい忘れてしまう、見過ごしてしまう、というやつです。ある意味で一番ありふれていて、それでいて誰を責めることも出来ない、もっともショッキングなパターンかも知れません。
 
上記に挙げたのは、日常生活でもよくあることですし、水城作品以外の漫画、あらゆる小説や映画にも頻出するパターンです。しかしことに最近の水城作品の場合、これらのスレ違いの数々を、手を替え品を替え矢継ぎ早に繰り出してくるという点が特徴です。
スレ違いのジェットコースターといっても良いでしょう。
読者は水城作品を読むことで、この乱れ撃ちのような「スレ違いの連続」に身を曝し、登場人物と一緒に気持ちを揺さぶられ続けているうちに、まるで吊り橋効果のように、登場人物に対して親近感を覚えてるようになってしまう、のではないかと僕は考えています。これぞ水城マジックといったところでしょうか。
 
そして、そんな水城マジックがこれでもかと発揮されているのが、今回紹介する『脳内ポイズンベリー』なのです。
代表作『失恋ショコラティエ』にも、やはり入り組んだスレ違いの連続が描かれていますが、あちらはショコラトリーが舞台になっているだけあって、魅力の一部が洋菓子によって占められています。その点『脳内~』は、ほとんどが会話劇というハードコアな内容。
強いて会話劇以外の要素を挙げるとすれば、主人公が(あんまり売れていない)ケータイ小説を書いているというところでしょうか。
内容は詳細には描かれないのですが、この作品には作中作が出てくるのです。
 
そう、『脳内~』は感情のスレ違いの描き方が緻密で入り組んでいるだけではなく、物語構造そのものもけっこう変わっています。
映画『インセプション』風に言えば、
「第1階層:現実」
「第2階層:脳内会議」
「第3階層:作中作」

となる感じでしょうか。「作中作」を「第3」とするのはあまり精確ではない気もしますが、脳内会議を第1階層、現実を第2階層とすれば妥当でしょうか。しかし「脳内会議」は人間の姿をとった脳内議員による協議なので、現実からモデルを借りているようにも思われるので、脳内会議のほうが現実よりも下層にあるというの変な気もします…。まあ、階層の順序は重要ではないとして、ここでは置いておきましょう。
 
幸い、作中作の内容は本編で描かれていないので、物語構造の複雑さは『インセプション』ほどではありません。
中身は伏せられたままの「作中作」、その作中作を書籍の形にまとめようとする「現実」と、あーでもないこーでもないと右往左往する「脳内会議」、この3つを繋ぎ止める存在としてフラフラと揺れ動く主人公は、3つの階層を行き来することはありません。
 
さて、えてして主人公がフラフラしていると、読者は「何やってるんだこの主人公!ちょっと頭悪過ぎないか?」とイライラしたり、激昂してしまうこともあるのですが、『脳内~』ではその心配はあまりないと思います。主人公の思考の過程が読者に丸見えなので、「それなり仕方ない」という感じになります。そういうイライラは、主人公が周りの人に対して抱く感情のほうにシンクロしていくでしょう。「この人、何考えてるのかわからない」と彼女は作中でしつこいくらいに繰り返します。
 
彼女にとっては「彼女を振り回している」ということになっている他の登場人物たちも、少し距離をおいてみたら彼女のフラフラっぷりに振り回されているのです。本作は、主人公にばかり感情移入して読んでいると、一方的に感情が相手に通じないスレ違い感が切ない(だからこそ感情が重なりあったように感じられる展開に感動できる)作品ですが、実は主人公以外の登場キャラクターもそれぞれ困惑し、意表をつかれて驚き戸惑いながら生きていることが感じられる作品でもあるのです。
 
「脳内会議」という設定ばかりに注目してしまいがちな本作ですが、おそらくこの主人公以外の登場キャラクターたちの戸惑いをリアルに描くために、「現実」の階層では、おそらく意図的に「距離」「移動」、あるいは「空間」の描写をことさら強調しています。またこの「現実」のなかで対面のコミュニケーションとは別の仕方で登場人物たちを繋ぐ、手紙や電話、メールなどといった各種メディアの存在も重要です。どのようにこれらの要素が物語に役立てられているのか、分析しながら読んでも楽しめる作品です。

 
【関連書籍など】


 

 
 
 
 
 
==================================
【本が好き!編集部ナガタのプロフィール】
当「BOOKニュース」を担当している’79年生まれ男性。
アメリカ合衆国コネチカット州生まれ。
その後、札幌・千葉・マニラ・東京・京都を転々。現在は板橋区在住。
フリーター・契約社員・嘱託社員・正社員・無職・結婚・離婚など紆余曲折を経て現職。
百科事典と画集と虫と宇宙が友達です。
==================================
==================================
「BOOKニュース」では出版系のイベントからマニアックな新刊情報まで、
本に関する情報を収集して紹介しています。
ユニークな本を出される出版社様、
紹介させていただきたいのでBOOKニュース宛に新刊をぜひ送ってください!
↓宛先はこちら↓
〒333-0834
川口根岸郵便局留
Bookニュース 永田希

twitterアカウント(@honzuki_news)でもときおり呟いております。
RSSフィード購読はこちら。

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

コメント(必須)