読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト

英国の紅茶文化の発端に日本の茶道があった『英国ティーカップの歴史』

お茶の歴史、というとなんだかどうでもいいもののように思われるかも知れません。しかし、たとえば何故、西洋の文化であるはずの紅茶器に東洋風の絵柄が使われているのか、気になったりしたことはありませんか。僕はずっと不思議に思ってました。
 
こんど刊行された図説 英国ティーカップの歴史  紅茶でよみとくイギリス史は、紅茶には欠かせない「ティーカップ」の歴史を辿りながら、紅茶とそれを取り巻く文化や政治、そして社会の歴史を概説した一冊。
日本の茶道の噂を知って東洋への憧憬を募らせた西洋の貴族たちが、日本や中国からお茶を輸入し、技術不足で磁器が作れず、厚手の陶器で代用していた時代から、お茶の庶民化を経て、真っ白でモダンな茶器が登場するまでを辿ります。
 

 
有名な紅茶商のトワイニングやフォートナム&メイソンの歴史、ウェッジウッドをはじめとする窯元の歴史、そして個性的な王族や貴族たちのエピソードなどが、豊富な図版を添えて紹介されており、楽しく読むことができます。
 
古来、お茶は解毒の薬として重宝されてきました。史上初のお茶は中国の皇帝が飲んだとされ、戦国時代の日本で確立された茶道でも健康を意識した薬のようなものとしてお茶は飲まれていたといいます。
本書によると、戦国時代に日本に貿易に来ていた西洋人が、お茶のこの薬効を知り、東洋の神秘的な薬として自国に持ち帰ったのが、ヨーロッパのお茶の歴史の発端だそうです。
 
お茶の文化とともに、日本や中国からは茶器が輸入されます。高価なお茶と茶器は、当時のヨーロッパの貴族や王族の憧れの的となり、また権力や趣味の高さを誇示するための格好のシンボルになりました。
このようにして、ヨーロッパの上流階級の人々がこぞってお茶にお金を使うようになり、ヨーロッパでの茶器生産も発達していきます。
 
時代ごとの流行を反映しながら、さまざまな茶器の意匠が生まれ、工夫を凝らした名品が次々と現れます。
東洋風のデザインが、ヨーロッパの茶器にたびたびあらわれるのは、冒頭に書いたとおり、もともとお茶が東洋の神秘として輸入されたこと、そして、元来の産地である日本や中国の技術に対する憧れがたびたび回帰したことが理由のようです。
日本人が、英仏の文化に憧れて紅茶を気取って飲むとき、この逆輸入過程を知っていると、なんだかいっそうお茶を楽しめるような気持ちになりますね。
 
本書の巻末にまとめられたコラムも楽しい。まずはミルクティーにミルクを入れるタイミングについて。上流階級はミルクをお茶のあとに、労働者階級はお茶より先にミルクを、それぞれカップに注ぐと言われています。
このミルクティーの注ぎ方については、『メアリーポピンズ』や、アガサ・クリスティの作品での飲まれ方に、階級社会が描かれている、と指摘しています。
それからカップのかたちと紅茶の味についてのコラムも。口の中に流れ込む紅茶の角度や、液体の太さで、刺激される舌の部位が変わって味わいにも変化が出てくるというのです。僕はいつもガパガパ流し込んでしまうので、次からは気を付けて味わってみたいと思いました。
 
【関連書籍】

紅茶スパイ: 英国人プラントハンター中国をゆく

一杯の紅茶の世界史

ティープリーズ

ロマンス・オブ・ティー―緑茶と紅茶の1600年

お茶の歴史

 
==================================
【本が好き!編集部ナガタのプロフィール】
当「BOOKニュース」を担当している’79年生まれ男性。
アメリカ合衆国コネチカット州生まれ。
その後、札幌・千葉・マニラ・東京・京都を転々。現在は板橋区在住。
フリーター・契約社員・嘱託社員・正社員・無職・結婚・離婚など紆余曲折を経て現職。
百科事典と画集と虫と宇宙が友達です。
==================================
==================================
「BOOKニュース」では出版系のイベントからマニアックな新刊情報まで、
本に関する情報を収集して紹介しています。
ユニークな本を出される出版社様、
紹介させていただきたいのでBOOKニュース宛に新刊をぜひ送ってください!

↓宛先はこちら↓
〒333-0834
川口根岸郵便局留
Bookニュース 永田希
 
twitterアカウント(@honzuki_news)でもときおり呟いております。
RSSフィード購読はこちら。

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

コメント(必須)