読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト
登録年月「7月2012」で絞り込み表示

とれたて!近刊情報(7月24日)

本日とれたての近刊情報から、ナガタが気になったタイトルをピックアップしてお届けします。
 

疾風伝説 特攻の拓(18)

音楽の名言名句事典』目次あり

夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです 村上春樹インタビュー集1977-2011

飛行機の誕生と空気力学の形成~国家的研究開発の起源をもとめて

現代航空論~技術から産業・政策まで

 
本が好き!らぼ「近刊情報サーチ」新着情報一覧より。

 
 
 
 
==================================
【本が好き!編集部ナガタのプロフィール】
当「BOOKニュース」を担当している’79年生まれ男性。
アメリカ合衆国コネチカット州生まれ。
その後、札幌・千葉・マニラ・東京・京都を転々。現在は板橋区在住。
フリーター・契約社員・嘱託社員・正社員・無職・結婚・離婚など紆余曲折を経て現職。
百科事典と画集と虫と宇宙が友達です。
==================================
==================================
「BOOKニュース」では出版系のイベントからマニアックな新刊情報まで、
本に関する情報を収集して紹介しています。
ユニークな本を出される出版社様、
紹介させていただきたいのでBOOKニュース宛に新刊をぜひ送ってください!
↓宛先はこちら↓
〒333-0834
川口根岸郵便局留
Bookニュース 永田希

twitterアカウント(@honzuki_news)でもときおり呟いております。
RSSフィード購読はこちら。

本が好き!で先週一番人気のあった書評は?(7/17~7/24ランキング)

「本が好き!」の先週の人気書評ランキング(7/17~7/24)
 
今週の第1位ははにぃさんさんによるお待ちになって、元帥閣下 自伝 笹本恒子の97年
大正生まれで、写真家として数々の日本史の事件に立ち会ってきた著者の自伝。
最後にふと付け加えられたはにぃさんの本音、僕も同感です。
 
第2位もはにぃさんがとりあげた真実―新聞が警察に跪いた日
書評を読むだけで、重い内容が伝わってくるようです。
 
第3位はかもめ通信さん夜明けの図書館
図書館を舞台に、司書さんのお仕事を紹介(?)した漫画。
図書館に日頃お世話になっている人にも、ちょっと足が遠のきがちの人にもオススメです。
 
風竜胆さん江戸の性愛術も同率で3位。
コメント欄のやりとりがとても楽しいです。そのうち本当に「変な本が好き!」が登場してしまいそうですね……
 
第5位には、初ランクインとなるWings to flyさんさんによる宇田川心中
書評を読みながら感動して鳥肌&落涙しかけました。これは読んでみたい!「愛とはつまるところ約束なのだ・・・その約束がある限りは、愛は失われぬ。たとえ永久に近い時間を隔ててもな。」!!名セリフ!
また、「今は地名に名残を留めるだけの宇田川は、道玄坂を急流となって流れ落ち、あのスクランブル交差点で流れを緩めて右に曲がり、JRのガード下を通りヒカリエの前のバスターミナルで渋谷川と合流した。それは水量豊富な大河だったそうだ。これから先、道玄坂を通るたびに私はこの物語を思い出すだろう。」とのこと。こういう、現実と虚構が重なり合って、相互に味わいを強めていく物語体験って本当に素敵ですよね。今後のご活躍が楽しみです。
 
第6位はかもめ通信さんによるラ・パティスリー
『華竜の宮』で日本SF大賞を受賞した作家の上田早夕里さんによる、SF成分ほとんど皆無のスイーツ小説。いちおう謎解き要素もありますが、主役はほとんど素敵なスイーツの数々です。思わず美味しいスイーツに手を伸ばしたくなり、財布とおなかが不安になりますが、甘いもの好きにはたまらない1冊。という感じで僕はもっぱらスイーツに心を奪われていたのですが、かもめ通信さんは「洋菓子店の裏側を覗くことが出来るお仕事小説」という側面でも評価。たしかに一般人はなかなか知ることの出来ない、洋菓子店の裏側を気軽に知ることの出来る作品でもありました。
 
第7位もかもめ通信さん。書評した本は夜の写本師。同率でベランダ日和さんあさきゆめみし(1)もランクイン。
『夜の写本師』は、著者のデビュー作にして壮大なスケールと卓越した筆力で「これを読まずして日本のファンタジーは語れない!」とまで言われた1冊。設定だけ見るといかにもありがちな感じがしますが、それらを深い世界観が覆うことで、新しい味わいが生み出されているのかも知れません。僕も気になって来ました。
ベランダ日和さんによる『あさきゆめみし』書評は、「オトコはみんな、ロリコンでマザコン。」という、そんな、あんまりです!(でも思い当たるかも)という断言から始まります。「当意即妙なやりとりが出来るのが、当時のイイ女・イイ男の必須条件だというならば 現代では、ツイッターでの発言というところでしょうか」というのはまさに卓見かと思います。Twitter使わない人たちでも、ケータイメールのやりとりのスピードの速さが重要だと聞いたこともありますし。2巻の書評はこちら
 
第9位は同率で3つ。
ぽんきちさんちくわのわーさん
ノッポのギタリストさん の暗闇の教室〈2〉悪夢、ふたたび
そして祐太郎さん図説 英国執事 貴族をささえる執事の素顔 (ふくろうの本/世界の文化)です。
ちくわもシュールな笑いも好きなので、『ちくわのわーさん』気になります。また、前回第2位だったノッポのギタリストさんによる暗闇の教室(1)の続編が今回の「悪夢、ふたたび」。これも気になります。
そして『図説 英国執事』。書評冒頭の「20世紀前半の本当の英国執事が今の日本の執事カフェその他を見たらこんな風にいうでしょう」のくだりからもう面白いです。「何だね、「謎解きはディナーのあとで」とやらが流行っているそうだが、家全体ではなく個人専属ならば、執事(バトラー)ではなく従者(ヴァレット)であろう。それに運転手と従者が兼任なんて日本の金持ちはケチなのかね。あと、主人の玄関と執事たちの玄関はきちんと分けてくれよ。同じ玄関なんてありえないからな。」とのこと。萌えますね!萌え死ねますね!たまりません。

 
 
 
(続きを読む…)

とれたて!近刊情報(7月23日)

本日とれたての近刊情報から、ナガタが気になったタイトルをピックアップしてお届けします。
 

夢枕獏(編)、松岡正剛・荒俣宏・ジョージ秋山・清水義範・菊池寛『空海曼陀羅

マリ・グリフィス、田中純、坂口さやか『神話と伝説』目次あり

日本古代氏族系譜の基礎的研究』目次あり

発見!九州の滝

 
本が好き!らぼ「近刊情報サーチ」新着情報一覧より。

 
 
 
 
==================================
【本が好き!編集部ナガタのプロフィール】
当「BOOKニュース」を担当している’79年生まれ男性。
アメリカ合衆国コネチカット州生まれ。
その後、札幌・千葉・マニラ・東京・京都を転々。現在は板橋区在住。
フリーター・契約社員・嘱託社員・正社員・無職・結婚・離婚など紆余曲折を経て現職。
百科事典と画集と虫と宇宙が友達です。
==================================
==================================
「BOOKニュース」では出版系のイベントからマニアックな新刊情報まで、
本に関する情報を収集して紹介しています。
ユニークな本を出される出版社様、
紹介させていただきたいのでBOOKニュース宛に新刊をぜひ送ってください!
↓宛先はこちら↓
〒333-0834
川口根岸郵便局留
Bookニュース 永田希

twitterアカウント(@honzuki_news)でもときおり呟いております。
RSSフィード購読はこちら。

日本を愛したイギリス人芸術家が素直に表現した優しく柔和な美しさ

「民藝」運動あるいは「民芸」運動という実践の伝統がある。「民芸品」といえば、旅先の土産物売り場などで普通に接することのできるものだ。
 
今回は、筑摩書房『日本民藝館所蔵 バーナード・リーチ作品集』と、この「民藝」運動について概説したい。
バーナード・リーチは、19世紀末、香港のイギリス人家庭に生まれ、幼年期から青年期を日本・香港・シンガポール・イギリスで過ごし、高村光太郎や柳宗悦と交流しながら、「民藝」運動に大きく寄与した作家である。
本書はその書名のとおり、このリーチの作品の写真をおさめた作品集だ。
 
(続きを読む…)

とれたて!近刊情報(7月20日)

本日とれたての近刊情報から、ナガタが気になったタイトルをピックアップしてお届けします。
 

エリアーデの思想と亡命』目次あり

江戸戯画事典

アベンジャーズ

 
本が好き!らぼ「近刊情報サーチ」新着情報一覧より。

 
 
 
 
==================================
【本が好き!編集部ナガタのプロフィール】
当「BOOKニュース」を担当している’79年生まれ男性。
アメリカ合衆国コネチカット州生まれ。
その後、札幌・千葉・マニラ・東京・京都を転々。現在は板橋区在住。
フリーター・契約社員・嘱託社員・正社員・無職・結婚・離婚など紆余曲折を経て現職。
百科事典と画集と虫と宇宙が友達です。
==================================
==================================
「BOOKニュース」では出版系のイベントからマニアックな新刊情報まで、
本に関する情報を収集して紹介しています。
ユニークな本を出される出版社様、
紹介させていただきたいのでBOOKニュース宛に新刊をぜひ送ってください!
↓宛先はこちら↓
〒333-0834
川口根岸郵便局留
Bookニュース 永田希

twitterアカウント(@honzuki_news)でもときおり呟いております。
RSSフィード購読はこちら。

不穏な欲望を喚起する「人ならざる者」に撮影された写真の数々

先日刊行された、美術手帖「写真2.0」特集の着眼点は非常に興味深い。「◯◯2.0」といういかにも安直なネーミングを嫌って内容を読まずに否定してしまうのはもったいない。
端的に言って、今回の美術手帖が提唱している「写真2.0」とは何か。それは、「撮影者不在の写真」のことだと言っていいだろう。人間がシャッターを切らないでも写真が生産されてしまう現代、その状況を前提にして芸術写真を発表しているような「写真家」たちが紹介されている。
 
(続きを読む…)

とれたて!近刊情報(7月19日)

本日とれたての近刊情報から、ナガタが気になったタイトルをピックアップしてお届けします。
 

土と施肥の新知識

江戸戯画事典

チョココロネが好きな女は、95%エロい!~パワー炸裂! 芸能界人気No.1占い師が見抜いた“運”のサイン パート2

生き物たちのつづれ織り~多様性と普遍性が彩る生物模様

傑作眼鏡大全~本格眼鏡100ブランド1000本を完全網羅

 
本が好き!らぼ「近刊情報サーチ」新着情報一覧より。

 
 
 
 
==================================
【本が好き!編集部ナガタのプロフィール】
当「BOOKニュース」を担当している’79年生まれ男性。
アメリカ合衆国コネチカット州生まれ。
その後、札幌・千葉・マニラ・東京・京都を転々。現在は板橋区在住。
フリーター・契約社員・嘱託社員・正社員・無職・結婚・離婚など紆余曲折を経て現職。
百科事典と画集と虫と宇宙が友達です。
==================================
==================================
「BOOKニュース」では出版系のイベントからマニアックな新刊情報まで、
本に関する情報を収集して紹介しています。
ユニークな本を出される出版社様、
紹介させていただきたいのでBOOKニュース宛に新刊をぜひ送ってください!
↓宛先はこちら↓
〒333-0834
川口根岸郵便局留
Bookニュース 永田希

twitterアカウント(@honzuki_news)でもときおり呟いております。
RSSフィード購読はこちら。

技術と美術の粋を尽くしたあの名車を堪能できる超ゴージャスな写真集

バットマンのもうひとつの主役といったらジョーカーかロビンだろう、という人もいるだろう。…キャットウーマンやペンギンだ、という人もいるかも知れない。
しかし映画版バットマンにおいては特に、バットマン以上に観客の胸を躍らせるのは、時代ごとの技術と美術の粋を尽くし、バットマンが体現する背徳と闇のパワーと魅力を象徴するバットモービルである、と断言したって許されるでしょう。
 
そう、そんなバットモービルの魅力を1冊に凝縮した超ゴージャスな1冊が刊行されました。その名もバットモービル大全これはアツい。
とうとう来週末7/28に上映が開始されるクリストファー・ノーラン監督のバットマンシリーズ最新作『ダークナイト・ライジング』を観る前に、ぜひチェックしてください。
 
(続きを読む…)

とれたて!近刊情報(7月18日)

本日とれたての近刊情報から、ナガタが気になったタイトルをピックアップしてお届けします。
 

ホロコーストの音楽~ゲットーと収容所の生

雲の名前、空のふしぎ~天気の観察図鑑

園芸学の基礎

ホテルオークラ 総料理長の美食帖

英国の鉄道員の制服

 
本が好き!らぼ「近刊情報サーチ」新着情報一覧より。

 
 
 
 
==================================
【本が好き!編集部ナガタのプロフィール】
当「BOOKニュース」を担当している’79年生まれ男性。
アメリカ合衆国コネチカット州生まれ。
その後、札幌・千葉・マニラ・東京・京都を転々。現在は板橋区在住。
フリーター・契約社員・嘱託社員・正社員・無職・結婚・離婚など紆余曲折を経て現職。
百科事典と画集と虫と宇宙が友達です。
==================================
==================================
「BOOKニュース」では出版系のイベントからマニアックな新刊情報まで、
本に関する情報を収集して紹介しています。
ユニークな本を出される出版社様、
紹介させていただきたいのでBOOKニュース宛に新刊をぜひ送ってください!
↓宛先はこちら↓
〒333-0834
川口根岸郵便局留
Bookニュース 永田希

twitterアカウント(@honzuki_news)でもときおり呟いております。
RSSフィード購読はこちら。

新しい日本はどうあるべきか?新世代の賢者達が導き出した希望の書

評論家で小説家でもある東浩紀が代表をつとめる出版社「ゲンロン」が、思想誌「思想地図β」の第3号となる「日本2.0」を刊行した。
 
高橋源一郎をはじめ、村上隆、梅原猛、椹木野衣といった錚々たるゲストが名前を連ねている。「日本」という大きなテーマを取り上げ、そこにある複数の課題を根本から問い直そうという特集だ。
旧弊になってしまった「日本」とは何か。そして作りなおされるべき日本の新しい姿はどのようなものなのか。
 
(続きを読む…)