読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト
登録年月「9月2011」で絞り込み表示

【新刊】『茶話指月集 江岑夏書 (現代語でさらりと読む茶の古典)』淡交社

淡交社(http://www.tankosha.co.jp/)は、8月に茶話指月集 江岑夏書 (現代語でさらりと読む茶の古典)を発売した。
 
本書は、利休に関する茶話を書き綴った茶の古典た「茶話指月集」、「江岑夏書」を併せた一冊。
原文・対訳・解説とがセットになった従来の茶の古典とは異なり、気軽に読めるように現代語訳と語句説明だけのシンプルな構成となっている。
 
茶話指月集 書影
 
【関連リンク】
ここから学ぶ 茶室と露地淡交社 – 本が好き! Book ニュース
日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典幻冬舎 – 本が好き! Book ニュース

【新刊】『シンセサイザーがわかる本 ~予備知識から歴史、方式、音の作り方まで ~ 』スタイルノート

スタイルノート(http://www.stylenote.co.jp/)は、10月にシンセサイザーがわかる本 ~予備知識から歴史、方式、音の作り方まで ~ を発売する予定。
 
本書は、シンセサイザーの歴史や仕組みなどの基礎知識を総合的に解説する1冊。
歴史を解説する項目では、各機関や電子音楽の名だたる作曲家の協力を得て取材・撮影。
可能な限り新しい情報を盛り込むと同時に、新しい時代でも変わらない基本的な部分をわかりやすく解説している。
 
シンセサイザーがわかる本 書影 (続きを読む…)

【新刊】『ファッションの意図を読む』産調出版

産調出版(http://www.gaiajapan.co.jp/)は、9月にファッションの意図を読むを発売した。
 
本書は、過去200年の主なファッショントレンドを把握し、現代のスタイルとの関係を理解するための実用的なビジュアル入門ガイド。
過去のスタイルとの関係を読み解き、スタイル、素材、技法のトレンドサイクルを探る。
ネオクラシックからゴシック、エンパイア、パンク、ミリタリー、そしてデザイナーブランドまで、個々のスタイルの特徴を解説し、それぞれの技法や素材に関する技術的な面も網羅。
アクセサリーやヘアスタイル、メイクアップまで主なファッショントレンドをテーマごとに解説するほか、ローズ・ベルタン、クリスチャン・ディオール、ココ・シャネル、イヴ・サンローランなど主要デザイナーやブランドの魅力に迫る。
オールカラー版。
 
ファッションの意図を読む 書影
 
目次
==================================================

はじめに
スタイルの基本
 イントロダクション/歴史的スタイル/ゴシックスタイル/18世紀スタイル/クラシックとネオクラシックスタイル/エンパイアスタイル/エキゾチックスタイル(日本)/エキゾチックスタイル(アフリカ)/アート系スタイル/ミリタリースタイル/ボーイッシュスタイル/反逆スタイル/インナーとアウター/オートクチュールとプレタポルテ
技法
 イントロダクション/仕立て/ドレスメーキング/形とフィット感/裏張りと仕上げ/留め具
素材
 イントロダクション/天然繊維/人造繊維と合成繊維/織物/染色/プリント/装飾/レース
メンズ・フォーマル
 イントロダクション/ウエディング/ディナージャケット(タキシード)/スモーキングジャケット/シティスーツ/ブレザー/ズボン
レディース・フォーマル
 イントロダクション/ウエディング/舞踏会ドレス/セレブリティドレス/ブラックドレス/スーツ/スカート/パンツスーツ
メンズ・カジュアル
 イントロダクション/トレンチコート/ホワイトスーツ/ジャケット/ジーンズ/ズボン/シャツ/ニット
レディース・カジュアル
 イントロダクション/トレンチコート/ジャケット/ブラウスとシャツ/パンツ/スカート/ニット
メンズ・レジャーウェア
 イントロダクション/レクリエーション/シャツ/ストライプジャケット/ビーチウエア/アンダーウエア
レディース・レジャーウェア
 イントロダクション/レクリエーション/ビーチウエアとサマーウエア/スイムウエア/アンダーウエア(ファウンデーション)/アンダーウエア(ランジェリー)
メンズ・アクセサリー
 イントロダクション/ブーツ/靴/帽子/ネックウエア
レディース・アクセサリー
 イントロダクション/バッグ/スティレットヒール/ハイヒールとフラットシューズ/ブーツ/ショールとスカーフ/帽子
ジュエリー
 イントロダクション/素材/石/高級ジュエリー/レディース・ジュエリー/メンズ・ジュエリー
==================================================
 
【関連リンク】
ファッションは語りはじめた 現代日本のファッション批評フィルムアート社 – 本が好き! Book ニュース
闘う衣服水声社 – 本が好き! Book ニュース
戦後日本デザイン史みすず書房 – 本が好き! Book ニュース
手織り大全誠文堂新光社 – 本が好き! Book ニュース
チャイナドレスの文化史青弓社 – 本が好き! Book ニュース
 
・本が好き! ファッションの意味を読む―ドレス「服飾」の起源と変遷を歴史的に読み解く
・本が好き! 図説 ヨーロッパ服飾史 (ふくろうの本/世界の歴史)
・本が好き! 服飾の歴史をたどる世界地図―現在のスタイルになった、意外なルーツと変遷とは?

【新刊】『天使と悪魔 美術で読むキリスト教の深層』青土社

青土社(http://www.seidosha.co.jp/)は、9月に天使と悪魔 美術で読むキリスト教の深層を発売した。
 
「キリスト教はなぜかくも多くの天使や悪魔を生みだしたのか」という問いを中心に、二〇〇点にのぼる名画と教会美術を細部まで読み解く。
著者は、多摩美術大学教授で、ユダヤ・キリスト教研究の第一人者の秦剛平氏。
名画で読む聖書の女たち』 『名画でたどる聖人たち美術で読み解く聖母マリアとキリスト教伝説』(ちくま学芸文庫)、乗っ取られた聖書旧約聖書続編講義など、約80冊にものぼる著訳書がある。
 
天使と悪魔 書影
 
目次
==================================================

はじめに
 
第1講 天使の起源――御使いと位階
       ケルビム――御使いの元祖?
       ケルビムから天使へ
       アブラハム物語に登場する天使
       創世記以外では
       イザヤ書のセラフィム
       旧約聖書外典に見られる天使
       新約聖書の天使
       最後の審判と天使
       天使の位階
 
第2講 悪魔の来歴とイメージ
       天使と御使いの違いは?
       『悪魔の事典』 があげる悪魔の数
       ルシファー
       ヨブ記のサタン
       ウィリアム・ブレイクとヨブ記
       ベエルゼブブ
       新約聖書と悪魔
       悪魔の誘惑
       七つの大罪
 
第3講 悪魔の誘惑と聖人――アントニオスの場合ほか
       ウォラギネの 『黄金伝説』 とアタナシオスの 『アントニオス伝』
       アントニオスの生涯
       アントニオスに魅せられた画家たち
       エクソシズム
 
第4講 死の表象と死神の勝利
       死神の踊り(ダンス・マカーブル)
       死神の踊りの画像
       ホルバインと死神の踊り
       死の勝利、あるいは死神の勝利
       ヴァニタス――死の寓意画
 
第5講 リンボのキリストと悪魔、煉獄・地獄と魔王
       父祖たちのリンボ
       エウセビオスの議論
       リンボの画像と画家たちの理解
       煉獄
       煉獄の画像
       地獄と魔王
 
第6講 天使の国と新しいエルサレム
       天国
       メムリンクの最後の審判と天国への入り口
       さまざまな最後の審判の表現
       ヨハネ黙示録の 「聖なる都、新しいエルサレム」
       アウグスティヌスの 『神の国』 とダンテの 『神曲』 から
       タペストリーに見る新しいエルサレム
       オルレアン公ルイの時祷書から
 
あとがきに代えて
 
参考文献覚書
 1 講義に関する著者の図像関係の書物
 2 講義に関する著者訳出の基礎的史料および著作
 3 図典・事典・辞典ほか
 4 西欧キリスト教美術の背景理解に必要な基本資料
 5 西欧キリスト教美術の背景理解のために
 6 ウェブから画像を引き出すには
図版出典一覧
==================================================
 
【関連リンク】
人のイメージ―共存のシミュラークル (初期ネーデルラント美術にみる〈個と宇宙〉 1)ありな書房 – 本が好き! Book ニュース
女性たちが創ったキリスト教の伝統明石書店 – 本が好き! Book ニュース
強欲の宗教史築地書館 – 本が好き! Book ニュース
「天使」と「悪魔」大全新人物往来社 – 本が好き! Book ニュース
存在しないものに向かって 志向性の論理と形而上学勁草書房 – 本が好き! Book ニュース
岩石を信仰していた日本人―石神・磐座・磐境・奇岩・巨石と呼ばれるものの研究―遊タイム出版 – 本が好き! Book ニュース
テリー・イーグルトン『テロリズム 聖なる恐怖岩波書店 – 本が好き! Book ニュース
現代にっぽん新宗教百科柏書房 – 本が好き! Book ニュース
エロスとグロテスクの仏教美術春秋社 – 本が好き! Book ニュース
大いなる神秘の鍵 エノク、アブラハム、ヘルメス・トリスメギストス、ソロモンによる人文書院 – 本が好き! Book ニュース

【新刊】『ミニシアター巡礼』大月書店

大月書店(http://www.otsukishoten.co.jp/)は、9月にミニシアター巡礼を発売した。
 
本書は、閉館が相次ぐミニシアター界のなかで、苦境に抗いながら劇場を運営し続けている12館を取材したもの。
全国の映画人を訪ねる「対話の旅(出版社サイト)」ともなっている。
 
ミニシアター巡礼
 
目次
==================================================

「世間」を踏み外す―ちょっと長いまえがき
第1章 桜坂劇場の地下茎は、80年代の琉球大学映画研究会まで伸びていた 桜坂劇場(沖縄県・那覇市)
第2章 居酒屋で稼ぎながら、小さな映画館をつくった洋さん シアターキノ(北海道・札幌市)
第3章 名古屋シネアスト(映画人)の拠点 名古屋シネマテーク(愛知県・名古屋市)
第4章 市民が集う映画館は、映画よりおもしろい! 新潟・市民映画館シウインド(新潟県・新潟市)
第5章 おばあちゃんの映画館を守り通したい 進富座(三重県・伊勢市)
第6章 「世界の映画(シネマ・デュ・モンド)」を届ける場所 シネモンド(石川県・金沢市)
第7章 映画に憑かれた、ある写植屋の物語 シネ・ヌーヴォ(大阪府・大阪市)
第8章 “さすらいのギャンブラー”に終幕はない RCS(京都府・京都市)
第9章 シネマ5館主曰く、「映画とは農である」 シネマ5(大分県・大分市)
第10章 高崎市で2つの事件を起こした男 「高崎映画祭」と「シネマテークたかさき」 シネマテークたかさき(群馬県・高崎市)
第11章 映画を愛するサラリーマンがつくった、究極のミニシアター シネマ・クレール(岡山県・岡山市)
第12章 ユーロスペースは特別な映画館である ミニシアター史にとっても、ぼく自身にとっても ユーロスペース(東京都・渋谷区)
あとがき
日本のミニシアター史 1968-2011
==================================================
 
【関連リンク】
映画秘宝EX 映画の必修科目01 仰天カルト・ムービー100洋泉社 – 本が好き! Book ニュース
ひきずる映画 ─ポスト・カタストロフ時代の想像力 (CineSophia)フィルムアート社 – 本が好き! Book ニュース

【新刊】『手織り大全』誠文堂新光社

誠文堂新光社(http://www.seibundo-shinkosha.net/)は、9月に手織り大全を発売した。
 
高機、卓上機織りを含め、さまざまな織機を紹介し、それらの使用法と織り方を詳しく解説した手織りの決定版となる書籍。
織機の分類から、織り図の見方、織り技法(縞とチェック、透かし織り、浮き織り・はさみ織り、綾織り、綴れ織り、二重織り・袋織り、裂き織り、変わり素材、変わり糸、絣など)、名古屋帯の織りと仕立てなど、知っておきたい情報をこの1冊に集約。
大別した織り技法を13項目、細目まで含めると計100種類以上に及ぶ織り方を掲載。
 
http://ecx.images-amazon.com/images/I/517au7ElQXL.jpg
 
【関連リンク】
チャイナドレスの文化史青弓社 – 本が好き! Book ニュース
闘う衣服水声社 – 本が好き! Book ニュース
ガール・ジン 「フェミニズムする」少女たちの参加型メディア太田出版 – 本が好き! Book ニュース
ファッションは語りはじめた 現代日本のファッション批評フィルムアート社 – 本が好き! Book ニュース
戦後日本デザイン史みすず書房 – 本が好き! Book ニュース
蚕にみる明治維新: 渋沢栄一と養蚕教師吉川弘文館 – 本が好き! Book ニュース
 
箕輪直子オフィシャルブログ
著者の方のブログ。
 
本が好き! グラン・ヴァカンス―廃園の天使〈1〉
「編み物」が重要なキーとなるSF作品です。

【新刊】『アジア系アメリカ文学を学ぶ人のために』世界思想社

世界思想社(http://www.sekaishisosha.co.jp/)は、9月にアジア系アメリカ文学を学ぶ人のためにを発売した。
 
アジア系移民150年の歴史のなかに散りばめられた文学的遺産。
本書は、その新たな潮流・新しい作家・作品・理論を紹介するとともに、国・民族・文化の境界がボーダーレス化・トランスナショナル化・ハイブリッド化してゆく21世紀の新たな観点から捉え直す1冊。
 
アジア系アメリカ文学を学ぶ人のために 書影 (続きを読む…)

【新刊】『戦略とゲームの理論』東京図書

東京図書(http://www.tokyo-tosho.co.jp/)は、9月に戦略とゲームの理論を発売した。
 
人の行動の底に敷かれている推論とはどのようなものだろう、人がする意思決定にその推論はどのような影響を及ぼすのか、根源的な問いに挑む。
古典から最新理論を通じ,戦略思考の基礎を学ぶことができる1冊。
ゲーム理論で一般的に解説される「ナッシュ均衡」よりも、むしろ「戦略」に重点を置いて論じられていることが特徴。
 
戦略とゲームの理論 書影
 
目次
==================================================

まえがき
 
Chapter.1 ゲーム理論とは
 
01 非協力ゲームとは -ゲーム理論私論-
1-1 ゲームの世界
1-2 フォン・ノイマン
1-3 戦略決定
1-4 恋愛とゲーム:まず手始めに
1-5 「愛」は完全を求め,強制のシステムに
1-6 レトリックよりも可能性と意外性
1-7 「政治的」なものと友敵理論のアルゴリズム:ゲームのハード路線
1-8 フォン・ノイマンによるポーカー・フェイスの最適戦略
 
02 協力ゲームとは -全員が納得いく落としどころを考える手だて-
2-1 人気ロックバンドのギャラ配分問題
2-2 工場での分業の問題
2-3 少しでも安上がりに帰宅するタクシーの相乗り問題
2-4 不動産の売買問題
 
03 協力ゲームの解 -解とはどんなものか?-
 

Chapter.2 ゲーム理論の数学
 
01 選好順序 -ウォーミングアップです-
1-1 良し悪しの選好順序
1-2 好ましさを量で表す
 
02 効用でゲームを解く -マクスミン原理を使ってみる-
 
03 確率でゲームを解く -意思決定という文脈から確率を意思決定の情報に-
3-1 予想としての「確率」
3-2 期待値と期待効用
 
04 共有知識 -ホントにゲームを解いているのか-
4-1 二人ゼロ和ゲームの定義
4-2 マクスミン原理
4-3 戦略の支配(あるいは優越)原理でゲームを解く
 
05 ナッシュ均衡と不動点定理 -なぜ不動点定理か-
 
06 囚人のジレンマ -社会現象をこの目で見られる「カプセル」-
6-1 囚人のジレンマとは?
6-2 非ゼロ和二人ゲームのスター・プレー
6-3 「囚人のパラドックス」か?
 
07 協力ゲームの世界 -フォン・ノイマンから限定合理性まで-
7-1 フォン・ノイマンがとらえたゲーム
7-2 「安定集合」から「コア」へ
7-3 「限られた合理性」と意思決定
7-4 「限られた合理性」の定義
7-5 だからこそチェス(将棋)は面白い
 

Chapter.3 展開形ゲーム
 
01 展開形ゲームの要旨 -手番と連鎖的な続き-
1-1 手番と情報集合
1-2 ゲームのツリーの定義
1-3 情報集合の例
 
02 部分(サブ)ゲーム完全均衡 -展開形ゲームに関してテスト-
2-1 先手主導のゲーム
2-2 逆向き推論による‘枝刈り’
 

Chapter.4 協力ゲームと非協力ゲームを統合する
 
01 ナッシュ・プログラム-協力ゲームと非協力ゲームのかけ橋-
 
02 アイスクリームを分け合うゲーム -グルの展開形ゲームを事例で考える-
 
03 まずは有限回ゲームで考えてみる -逆向き推論の使い方-
3-1 n=1の場合
3-2 n=2の場合
 
04 再帰構造を利用した解法 -繰り返しを上手に利用して方程式を立てる-
 
05 シャプレー値の意味と計算法 -純粋な貢献分を受けとる-
5-1 二人の協力によるシャプレー解
5-2 三人の協力によるシャプレー解
 
06 シャプレー解を展開型ゲームで実現するには -ナッシュの夢がかなうとき-
6-1 二人シャプレー解・逐次交渉ゲーム
6-2 三人シャプレー解・逐次交渉ゲーム
 

Chapter.5 戦略決定の思考
 
01 戦略を選ぶための推論 -どうやって考えるか?-
 
02 マクス・ミニ原理とはどんな推論か -ナッシュ均衡を考える前に-
 
03 ナッシュ均衡の背後にはどんな推論があるか -クレプスの着眼点-
3-1 ゲーム理論の均衡=ナッシュ均衡と考えられる理由
3-2 ナッシュ均衡で十分か?
 
04 強支配戦略による逐次消去 -ナッシュ均衡の不満を解消する-
4-1 先生と生徒のバトル
4-2 強支配による逐次消去
4-3 混合戦略と強支配による戦略の逐次消去
4-4 逐次消去と共有知識の関係
 
05 銀行倒産のモデルと協調ゲーム -同じ行動をとれば利益があるゲームがある-
5-1 預金者と銀行の関係
5-2 倒産が近づく銀行と預金者の関係
 
06 グローバルゲーム -最新の理論を解説する-
6-1 グローバルゲームを導入する
6-2 グローバルゲームを解く
 
07 グローバルゲームの均衡を逐次的に解く  -階段を1段ずつ昇るように推論を進める-
 
08 情報不完備ゲーム -私的情報をもったゲームの均衡-
 

Chapter.6 ゲーム理論が他分野に与えたインパクト
 
01 統計学 -自然と人間のゲーム-
1-1 統計学とは,「自然」と「統計家」のゲームである
1-2 統計的決定の枠組み
1-3 ゲーム理論を統計学に活かす
1-4 マクスミン戦略再び
 
02 確率論  -測度論を使わない考え方-
2-1 確率論の歴史
2-2 フォン・ミーゼスのコレクティフ
2-3 マルチンゲール理論
2-4 シェイファー=ウォフクのゲーム論的確率論
2-5 「大数の法則」を導出する(簡易版)
 
参考文献
索引
==================================================

【関連リンク】
もうすぐ、新著『戦略とゲームの理論』が出ます! – hiroyukikojimaの日記
著者の一人による詳細な本書の解説。
 
・『規範とゲーム: 社会の哲学入門勁草書房 – 本が好き! Book ニュース
・『戦争の変遷原書房 – 本が好き! Book ニュース

「日本語を使う人が選ぶSFとファンタジー」のランキングをtwitterで呼びかけてみました

[Text by 本が好き!Bookニュース編集部 ナガタ]
 
去る9月1日に、日本人の作家に限らない「SFとファンタジーの人気ランキングを作れないか」とふと思い立ち、「#日本語使いが選ぶSFとファンタジーランキング」というハッシュタグを使って呟いてみたところ、100tweet以上の反応をいただくことができました。
(結果をTogetterでまとめたら1000view以上になりました)
 
さてランキングの結果は以下のとおり。
TLでも予想されていましたが、集計たいへんでした。
 
まずは第4位から。
得票数が同じだったので同率4位が4作品です。
 
伊藤計劃『ハーモニー
ハーモニー 書影
個人的な趣味でいえば、Jコレクション版の美しい表紙は断固譲れません。
フィリップ・K・ディック賞特別賞も受賞した、伊藤氏の遺作です。
北欧神話からとられた耳慣れない名前の少女たちが繰り広げる、切ないディストピア物語。
闘病中の作者が、医療万能の管理社会に警鐘と皮肉を鳴らすという両義的な背景を考慮すると物語の切なさが胸に重く響いてきます。
 
 
徳弘正也『狂四郎2030
狂四郎2030 書影
まさかランクインするとは思っていませんでした。
ジャングルの王者ターちゃんシリーズを週刊少年ジャンプに連載していた徳弘正也氏による長編漫画。
受賞歴なし、メディアミックス展開なしなのに4位ランクインは快挙だと思います。いちファンとしてとても嬉しいです。
映画『ガタカ』『アイランド』『トゥモローワールド』のような遺伝と社会不安を描きながらも、『ターちゃん』を髣髴とさせるナンセンス下ネタギャグも笑える、という異常な作品。
センス・オブ・ジェンダー賞特別賞、文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、手塚治虫文化賞マンガ大賞、ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア賞、小学館漫画賞など錚々たる受賞歴をもつ、よしながふみ大奥と併読してみてはいかがでしょうか。
 
 
永野護『ファイブスター物語
ファイブスター物語 書影
これは言わずと知れた名作。
壮大すぎて敬遠されることもあるようですが、自信を持ってオススメします。
物語は複雑を極め、それだけに読み応えたっぷり。
Zガンダムなどのデザインにも関わった永野護氏による美意識が炸裂した作品で、表紙を眺めるだけでも楽しめます。
 
 
 ・C・S・ルイス『ナルニア国物語
ナルニア国ものがたり 書影
アメリカの公共ラジオ局が行ったSFとファンタジーの人気作品ランキングTop 100では1位になっていたトールキン『指輪物語』でもなく、100位にランクインしていた同著者による『別世界物語』でもなく、日本ではこちらの『ナルニア国』のほうが人気があるようです。
いわば純然たるファンタジーの古典として、本作が一番人気があるということはじっくり考えてみたい現象だと思いました。
  (続きを読む…)

【新刊】『近代広告の誕生 ポスターがニューメディアだった頃』青土社

青土社(http://www.seidosha.co.jp/)は、9月に近代広告の誕生 ポスターがニューメディアだった頃を発売した。
 
浮世絵を捨て写真を採用し始めたポスターから、幻の東京オリンピック・キャンペーン、そして国威発揚をあおる総力戦体制への編入まで、近代日本ポスターの錯綜の顛末を徹底して追い、活写する1冊。
広告の可能性を信じ広告界の周辺に結集した技術者・職人・アーティストたちの、知られざる白熱のドラマを綴る。
図版500余点を収録。
 
近代広告の誕生 書影 (続きを読む…)