読書ガイド「本が好き!」が運営するニュースサイト
カテゴリー「ライトノベル」で絞り込み表示

ラノベはどこへ行く…美少女の死臭に喜ぶ主人公『屍は美少女の香り』

「弊社で出している本もオカシイので」と書いてある手紙を添えた本が編集部に届きました。届いた本は、一二三書房さんの『屍は美少女の香り』『屍は美少女の香り2。屍体愛好家の主人公が、転校してきた美少女から漂う微かな死臭に気付くところから始まるラノベです。
 
「日本神話とクトゥルー神話をミックスさせた内容」という何処をターゲットにしたのかかなり謎(でも僕は大喜び)なかんづかさシリーズなどと同じ、一二三書房のライトノベルレーベル「桜ノ社ぶんこ」からの刊行となる『屍は美少女の香り』。内容紹介で、みずから「キワモノなアンデッドラブ・コメディ」と言い切っています。
 

  

(続きを読む…)

アツくなるのはこれからだ!新時代へ、日本のSF最前線。

先日発売されたS-Fマガジン 2012年11月号 特集:日本SFの夏に掲載された1980年代生まれの気鋭の批評家・藤田直哉による「日本SF、さらなる未踏の時代へ」というマニフェストがトバしている。このマニフェストは、このたび再開する「ハヤカワSFコンテスト」に付されたものだ。
 
このマニフェストでは、日本のSFがその黎明期から漫画、アニメ、映画などの小説以外のメディアも重視してきたことに触れ、それが現代のオタク・カルチャーの隆盛に繋がり、結果として「日本が誇る文化となった」と述べる。「いまSFを書く」者に求められているのは、「現在において、新たなる文化を全面的に作り出す」ことなのだ。SFは「ゲームはもちろん、思想、経済、建築、政治、学問、社会運動、科学技術、芸術運動にいたるまで」入り込むことができると藤田は断言する。藤田自身、かつてポータブルなデジタルカメラで動画を撮影することを批評活動の一部とする試みを展開していたし、今回のコンテストの選考委員に名前を連ねている東浩紀は批評家・小説家としてだけではなく、出版社経営など幅広く活躍している。そして何より、もともと無類の映画好きとして知られているゲームプロデューサーの小島秀夫が選考委員にいることも、この藤田の主張を裏付けているといえるだろう。
 
(続きを読む…)

アジア最大のアートブックフェアで出会った、これが噂の「ZINE」だ!

先週末は、京都造形芸術大学・東北芸術工科大学(「外苑キャンパス)で行われたTHE TOKYO ART BOOK FAIR 2012に行ってきました。THE TOKYO ART BOOK FAIRは、毎年開催されるアジア最大のアートブックフェア。いわゆるオタク向け同人誌はコミケ、文学好きなら文学フリマ、そして「アート」な人ならこのフェアへ、といえばわかりやすいかも知れません。
 
「アートな本」全般が扱われているので、内容は多岐にわたるこのフェアですが、今回は目当ての本がありました。気鋭のデザイナーGraphersRockこと岩屋民穂氏と、イラストレーターのTOKIYA氏(http://www.abukas.com/http://www.skillupper.net/)がコラボレートして作った『IMAGE FORMAT』という本。
 
(続きを読む…)

挿絵も自分で描いちゃう!東大卒のマルチな作家が描く最強ラノベ

今回紹介するのはライトノベルボイス坂。著者はコアな漫画ファンには熱烈な支持を受けている俊英「高遠るい」。東京大学文学部卒というインテリであり、作品が常に硬質な批評眼に貫かれていることと、多岐にわたるジャンルの先行作品からの豊富過ぎる引用が特徴の作家だ。
 
『ボイス坂』は、声優を目指す少女を主人公にした熱血青春物語。漫画家だけではなく、ニコニコ動画に自ら「歌ってみた」動画をアップして「先生何やってんすかシリーズ」というタグを付けられるなど、マルチなタレントを披露している高遠氏の新たなる挑戦といえる作品。ライトノベルのコミカライズは昨今爛熟期にさしかかりつつあるが、漫画家が自らの漫画作品を連載しながら同時にノベライズする、という暴挙は空前、そして絶後ではないだろうか。
(「はてなブックマーク」のコメント欄でご指摘をいただきましたが、既に猫砂一平氏による末代まで!などの存在があり、空前ではありませんでした。『末代まで!』の絵も可愛くていいですね…。しかもこの人、東洋大学インド哲学科出身とかアツいですね。)
 
(続きを読む…)

最高齢ラノベ作家誕生。SF界最狂の巨匠、筒井康隆がラノベを描いた!

日本のSF界を黎明期から牽引してきた大御所作家の筒井康隆が
なんとライトノベルの単行本を刊行した。
作品のタイトルはビアンカ・オーバースタディ
『涼宮ハルヒ』から着想を得たという「未来人」の設定を導入した、
意外なほどマトモなSFライトノベルだ。
 
(続きを読む…)

新世代ミステリの面白さと背景が良く分かる評論集『21世紀探偵小説』

今回紹介する21世紀探偵小説 ポスト新本格と論理の崩壊は、現在のミステリが退潮傾向にあることを前提に、次世代のために現状を分析しようという意欲的な評論集。執筆者は『ベストセラー・ライトノベルのしくみの飯田一史を筆頭に、海老原豊・藤田直哉・岡和田晃ら日本SF評論賞受賞者3名、現役のミステリ作家2名を含む錚々たるメンツによる限界小説研究会(限界研)。探偵小説のクリティカル・ターン』『社会は存在しない』『サブカルチャー戦争に続く限界研4冊目の書籍だ。
 
さて、なぜ現在のミステリが退潮しているのか。
限界研は、おそらく「現在のミステリの読まれ方を理解している読者が少ない」ということがその理由だと考えているようだ。よって、本書では「現在のミステリの読み方」を解説するものが大部分を占めている。「現在のミステリ」を読み慣れている読者ならば、自分の読み方と比べてみてもいいだろう。かつてのミステリを読んでいたが最近のミステリは面白くないと思っている読者には、自分の感性をアップデートする良い機会になるだろう。そして、ミステリの初心者にとっては、最新の作品から手をつけるための良い入門になっている。
 
(続きを読む…)

これ一冊で完結。原作者も惜しむ大ヒットラノベのコミカライズ版

大ヒットライトノベル人類は衰退しましたのコミカライズが二種類あるのを知っているだろうか(雑誌掲載のみで未単行本化の作品を含めるとぜんぶで3種類ある)。『人類~』は、遠い未来、タイトル通り衰退してしまった人類に代わって「妖精さん」なる謎の存在があたらしい「万物の霊長」となった世界を描く作品。
二種類のコミカライズというのは、吉祥寺笑による人類は衰退しました ようせい、しますか?と、見富拓哉による人類は衰退しました のんびりした報告のことだ。
今回は、『のんびりした報告』のほうを紹介したい。
 
(続きを読む…)